専修大学 大学案内2019
107/188

1062つのコース2つの専攻3つの専攻学部4年次から大学院の授業科目を履修して、学部4年+修士課程1年の最短5年で修了することが可能なプログラム・制度(経済学研究科、法学研究科、経営学研究科、商学研究科で実施)を設置し、学部在学中から大学院の高度で専門的な知識を身につけることも可能です。また、経済学研究科と商学研究科では、交通の便利な都心の神田キャンパスで平日の夜間・土曜日開講のコースを設置し、社会人の方が働きながら学べる環境を提供しています。学部入学から“最短5年”で修了できる制度も導入5つの研究科本学教員に加え実務家による講義も取り入れ、経済学の幅広い分野で授業を展開。多様な見地から理論を学ぶとともに、現実の経済の各分野の研究も充実しています。生田キャンパス昼間開講の「社会経済コース」「国際経済コース」、神田キャンパス平日夜間・土曜日昼夜間開講の「プロフェッショナルコース」「エコノミックリサーチコース」があります。文学研究科は7つの専攻からなり、いずれも修士課程から博士後期課程まで設置。留学生や社会人も含めて、もっと勉強してみたいという方々に広く研究の機会を提供しており、本学のみならず他大学からも優秀な学生が数多く学んでいます。経営学と情報管理という現代的なテーマのコースに在籍しながら、両コースの科目を自由に履修できるカリキュラム。実務を熟知する教員により、「理論と実践」を意識した研究指導を実施しています。また教職課程では、商業、情報の専修免許状の取得が可能です。私法・公法などの専門領域を横断的に、かつ柔軟に学べるカリキュラムを用意。法学・政治学の研究者、司法書士、公認会計士、税理士等の専門職業人、国家・地方公務員、上級の教職資格取得をめざす人、継続学修を望む人に対し、多様な道を開いています。両専攻のアカデミックコースでは、学術研究を通じて、研究者や専門職業人の養成を目的としています。また、両専攻のビジネスコース・プロフェッショナルコースでは、専門領域のスキルアップや税理士などの資格取得をめざす社会人・学部卒業者を受け入れています。経営学コース(修士課程/博士後期課程)経営学の広い研究分野に学際的にアプローチ情報管理コース(修士課程/博士後期課程)高度な情報管理の専門家、教育・研究者を育成7つの専攻日本語日本文学専攻(修士課程/博士後期課程)歴史的・現代的観点から日本語と文学・文化を探究英語英米文学専攻(修士課程/博士後期課程)英文学、米文学、英語学、英米研究、応用言語学を展開心理学専攻(修士課程/博士後期課程)基礎、社会、発達、臨床の4つの心理学を究める哲学専攻(修士課程/博士後期課程)各時代の哲学、哲学方法論から実践哲学、日本精神史、美学まで歴史学専攻(修士課程/博士後期課程)日本史、東洋史、西洋史、アジア考古学の分野で考察地理学専攻(修士課程/博士後期課程)人文地理学、自然地理学、地域システム論を中心に学ぶ社会学専攻(修士課程/博士後期課程)社会学の各専門領域を究め専門社会調査士もめざせる4つのコース社会経済コース(修士課程)理論から統計、財政、金融、歴史、社会政策まで幅広く国際経済コース(修士課程)世界の経済社会や国際協力を学べるプロフェッショナルコース(修士課程)企業・産業や総合政策、財政・税制を研究エコノミックリサーチコース(修士課程)最新の理論や計量経済学から高度な分析力を獲得法学専攻(修士課程)法学・政治学の研究者、法律行政実務の専門家を育成民事法学専攻(博士後期課程)民法、商法、労働法や知的財産法、国際私法まで公法学専攻(博士後期課程)憲法、行政法、刑事法や政治学、国際政治学まで経済学研究科法学研究科文学研究科経営学研究科商学研究科国家資格「公認心理師」心理の専門家として活躍できる新たな国家資格「公認心理師」が誕生しました。学部で必要な科目を修めた後、大学院文学研究科心理学専攻で必要な科目を修得し、修了することで受験資格を得ることができます。ゼミナール風景神田・生田キャンパス神田・生田キャンパス神田キャンパス生田キャンパス生田キャンパス商学専攻(修士課程 アカデミックコース・ビジネスコース) (博士後期課程)商学、ビジネス、金融などの研究者・専門職業人を養成会計学専攻(修士課程 アカデミックコース・プロフェッショナルコース) (博士後期課程)会計と税務の理論と実践から研究者・専門職業人を養成学部5つの※(財)日本臨床心理士資格認定協会指定

元のページ  ../index.html#107

このブックを見る