専修大学 大学案内2019
105/188

104実践的なプロセスで生徒の気持ちを理解し、指導力のある教員へ今、教育現場では、子どもを理解し社会の変化に対応できる教師が求められています。実践的なカリキュラムを通して、生徒との関わり方や新しい指導法などを身につけ、子どもと共に学び、体験する喜びを伝えられる教員を養成します。情報社会といわれる現在、司書は情報や資料を適切に人々に提供する専門職として期待されています。児童、高齢者、障がい者等の読書活動の支援も大切な任務です。現代社会に相応しい知識と技術を身につけたスペシャリストを養成します。司書教諭は、小・中・高等学校等の図書館で、児童生徒に対する読書指導や、教員に対する資料・情報の支援等、学校教育を豊かにする役割を担っています。司書教諭の資格は、教育職員免許状を取得して認められるため、あわせて教職課程の受講が必要です。学校司書は、学校図書館における資料の貸出や授業の支援などの職務について、司書教諭と協働しながら従事する職員です。基礎的な知識や技能を修得したうえで、学校図書館の整備充実や利活用に意欲的に取り組む学校司書を養成します。教職課程司書課程司書教諭課程学校司書課程学芸員は博物館・美術館などで実物資料の収集、保存、展示、社会教育活動、研究などに携わる専門職です。人文系の歴史・考古・民俗・美術史を専門とする学芸員を養成し、さらに展示実習室を活用した実習を重んじて、少人数教育を行う点は他大学にはない特色となっています。学芸員課程教員に必要とされる4つの能力(使命感や責任感と教育的愛情、社会性や対人関係能力、幼児児童生徒理解、教科等の指導力)を、ロールプレイングやフィールドワーク、模擬授業などを中心に、実践的に身につけていきます。中学校の免許状希望者は、教育実習を3~4週間、高等学校の場合は2週間実施。また、中学校の免許状希望者は3年次に介護等の体験を行います。教員に求められる資質・能力、学校教育の課題を理解1年次生徒の成長や発達を理解し、「実践的指導力」を高める2年次教育実習に向けて基礎学力の向上と教育技術を身につける3年次教育実習、教職実践演習で教員に必要な力を修得4年次教職課程の4年間の流れ実践的生学部学科中学校教諭一種免許状高等学校教諭一種免許状一 ・二部経済学部経済学科社会地理歴史、公民一部国際経済学科社会地理歴史、公民一 ・二部法学部法律学科社会地理歴史、公民一部政治学科社会地理歴史、公民一部経営学部経営学科社会公民、商業、情報ビジネスデザイン学科――一 ・二部商学部マーケティング学科社会公民、商業、情報(一部のみ)一部会計学科―商業一部文学部日本語学科国語国語日本文学文化学科国語国語、書道英語英米文学科英語英語哲学科社会地理歴史、公民歴史学科社会地理歴史、公民環境地理学科社会地理歴史、公民ジャーナリズム学科――一部人間科学部心理学科社会公民社会学科社会地理歴史、公民一部ネットワーク情報学部ネットワーク情報学科数学数学、情報注: 全国すべての大学の教職課程が、2019年度入学生から適用される新課程の再課程認定の審査を受ける必要があります。本学も教職課程再課程認定申請中です。 文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。注: 2019年度に設置される経営学部ビジネスデザイン学科および文学部ジャーナリズム学科では教育職員免許状を取得することができません。■小学校教員養成特別プログラム:玉川大学との連携で小学校教員を養成 教職課程に加え、玉川大学の通信教育部で必要科目の単位を修得すれば、本学卒業時に小学校教諭二種免許状を取得できます。参加条件が厳しく相当の覚悟が必要ですが、小学校教員をめざすやる気のある学生に大きな道が開かれています。※商学部会計学科、経営学部ビジネスデザイン学科および文学部ジャーナリズム学科は除く教育職員免許状の種類・教科 (2019年度入学者)

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る