富山大学 大学案内2018
37/52

アクセシビリティ・マップはこちら 保健管理センターは、学生・教職員の心身の健康保持・増進に関する専門的業務を行う施設です。 各キャンパスのセンターには、専任教員(医療や相談を担当)や看護師のほかカウンセラー等を配置し、健康診断や応急処置から相談(健康、精神的な悩み、対人関係など)まで対応します。 また、センターの一部を開放しており、各種計測器、トレーニング補助器具、リラクゼーション機器等を利用する事もできます。保健管理センター 本学で全員加入している「学生保険」は、学生生活を安心して送れるよう低廉な保険料で充実した補償を提供する保険です。学生保険 各キャンパスの学生相談室には、専門の相談員を配置し、学生相談を受けています。相談員は、みなさんの修学上又は学生生活上の問題をはじめとして、いろいろな悩みやどんな小さい心配ごとの相談も受け、解決の糸口を一緒に見いだしています。相談内容によっては、学内外の関係機関(者)と連携をはかり、学生のキャンパスライフの充実に向けて支援を行います。学生相談室 本学では、障害のある学生の相談及び支援の窓口として、学生支援センターにアクセシビリティ・コミュニケーション支援室を設置しています。 支援室では、専任のコーディネーターが相談を受け、障害のある学生が他の学生と同様に充実した学生生活を送ることができるよう、修学上の配慮や支援の調整を行っています。必要に応じて家族や教職員とも連携をはかって支援を行います。 また、本学のアクセシビリティの状況を発信するため、キャンパス毎のアクセシビリティ・マップ(バリアフリ―マップ)を公開しています。本学ウェブサイトからご覧ください。障害のある学生の支援に関する相談窓口 学生本人が正課中・学校行事中・課外活動中・通学中等に生じたケガが原因で治療が必要になった場合に補償する保険です。◎学生教育研究災害傷害保険 学生が正課中・学校行事中・課外活動中・通学中・施設移動中に誤って他人の物を壊したり、ケガをさせてしまった場合に生じた損害を補償する保険です。◎学研災付帯賠償責任保険36

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る