富山大学 大学案内2019
36/52

※経済学部夜間主コースは、上記金額の半額種  類金  額入  学  料授業料(年額)282,000円535,800円0100200300400500600(万円)(文部科学省「平成28年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」より作成)私立芸術系平均私立理工系平均私立薬系平均私立医系平均私立文系平均富山大学約1,642,000円約1,148,000円約2,081,000円約5,091,000円約1,151,000円817,800円授業料免除状況■全額免除者 ■半額免除者 ■不許可0500100015002000(延べ人数)平成27年度平成28年度平成29年度96311001200802654539193201224貸与月額2万円・3万円・4万円・5万円・6万円・7万円・8万円・9万円・10万円・11万円・12万円から学生が選択した額2万円・3万円・4万円・4万5千円 から学生が選択した額2万円・3万円・4万円・5万1千円 から学生が選択した額第一種奨学金(無利子貸与)第二種奨学金(有利子貸与)自宅通学者区 分(平成30年度)自宅外通学者STUDENT SERVICE学生生活入学料・授業料 本学の入学料・授業料(30年度実績)は、以下のとおりです。 本学の初年度納付金額(入学料と授業料の合計)は以下のとおり、私立大学と比べても低廉であり、免除・猶予制度もあります。■私立大学(初年度納付金額)との比較 ■免除・猶予制度 入学料及び授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる学生に対して本学では以下の制度を設けています。(※学生本人の申請により大学内での選考を経て決定します。) 入学料の徴収猶予制度 経済的理由によって納付期限までに入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者に対し、入学料の徴収を一定期間猶予する制度です。 入学料の免除制度 入学前1年以内において学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け入学料の納付が著しく困難であると認められる者に対し、入学料の全額又は半額を免除する制度です。 授業料の免除制度 経済的理由によって授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者に対し、授業料の全額又は半額を免除する制度です。 なお、日本学生支援機構の給付型奨学金の対象者は、本学の審査の上、全額免除の対象にもなります。奨学金及び支援制度学生表彰制度 本学では、日本学生支援機構及び地方公共団体、民間育英団体の奨学金を取り扱っています。これらの奨学金は給付と貸与の2種類があり、募集についても、大学経由で行うものと奨学団体が直接行うものがあります。いずれも人物・学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学困難な者が対象です。 また、本学独自で実施している海外留学等対象の給付型支援制度もあります。■日本学生支援機構奨学金(貸与) 奨学生の募集は原則として毎年4月に行います。※第二種奨学金の利率算定方法として、利率固定式と利率見直し方式があり、申し込みの際にいずれか一方を選択します。利率は3%が上限です。 なお、本学では、約3,000名(約34%)の学生が日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けています。■その他の奨学金(給付・貸与) 地方公共団体、民間育英団体の奨学金があり、応募資格及び受付時期は、それぞれに異なります。募集がある場合に学内掲示板で通知します。■本学独自の支援制度(給付) 外国留学、外国で開催される国際会議等への参加及び本学が主催する短期留学プログラム等への参加等のための奨学金や助成金を給付します。■日本学生支援機構奨学金(給付) 給付型奨学金の詳細については、在学している高等学校に確認するか、日本学生支援機構のウェブサイト(http://jasso.go.jp/)をご覧ください。 本学では、学術研究活動、課外活動、社会活動などで優れた成果をあげた学生を対象として、学長から直接表彰を受ける「学生表彰」の制度があります。また、卒業又は修了した者で、本学の評価・名誉を高める功績があった者を対象とした「学長特別表彰」の制度もあります。35

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る