富山大学 大学案内2018
12/52

五福GOFUKU campus人間を成長させる。 4年間の学修を通じて、人を育てる能力の高い人材として社会に出られるよう、大学生としての学び方の基礎から実践的な教育プログラムまで、様々なカリキュラムやプロジェクトを実施します。•3年次においては、各種の専門教育科目の履修に加え、学外での実習など実践的な科目の履修を中心とした学修を実施します。•4年次においては、ゼミナールや特別研究の履修を通じて、より専門的かつ実践的な学修を実施します。•1年次においては、語学などの全学「教養教育」に加えて、「学部共通科目」及び「基礎ゼミナール」の履修を通して、自分の資質や進路を考えて所属コースを選択するための基盤的な学修を実施します。•2年次においては、「学科共通科目」に加え、所属コースの「専門領域科目」の履修を中心とした学修を実施します。 教員をはじめとして、乳幼児・児童から成人・高齢者にいたるまでの、障がい児(者)を含めた人間の発達段階に応じたいろいろな学習の支援に興味がある人。 豊かな人間環境を創造するために、理系・文系を横断した幅広い知識を学び取り、学校教育や社会教育をはじめとするいろいろな学習の支援に興味がある人。入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)よりこのような人を求めています教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)よりこのような教育を行います卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)より※各ポリシーの全文は、本学ウェブサイトに掲載しています。このような人を育てます•考え方や立場の相違を受容し多様な価値観を尊重できるように、幅広く、様々な分野の知識を身に付け、さらに、新たな知識獲得のための学修を継続していける能力を身に付けている。•教育心理、学校教育、発達福祉、地域スポーツ、環境社会デザイン、人間情報コミュニケーションに関する豊富な学識を有し、教えられる人・支援される人に応じた教材選択や学習指導ができる実践的な指導能力を身に付けている。•学校・生涯学習・保育・福祉などの場で人を教えたり、支援する際に、個性や課題解決能力を生かす指導法や教材について、論理的に思考して開発する能力を身に付けている。•人を教えたり、支援することが人格形成や人生設計に関わることを自覚し、使命感や責任感を持って行動する能力を身に付けている。•円滑な人間関係を構築する能力や外国語でのコミュニケーション、メディア・リテラシー、コンピュータ活用などの情報収集・分析・発信する能力を身に付けている。入学定員:90人人間環境システム学科入学定員:80人発達教育学科Faculty of Human Development人間発達科学部教育心理コース地域スポーツコース学校教育コース環境社会デザインコース発達福祉コース人間情報コミュニケーションコース 人間発達科学部は、明治6(1873)年に設置された新川県小学校教員講習所に端を発し、以来、学校教員養成を中心に長年培ってきた教育の理念や教育技術を核として、『人を教えるヒトを育てる学部』をキーワードに平成17(2005)年に設置されました。本学部は人間発達を広義の教育と位置付け、「人間」と「環境」の調和の中で豊かな社会を形成し、地域社会との連携を深め、国際社会に貢献できる教育人材を育成することをめざしています。そのために「発達教育学科」と「人間環境システム学科」を設けています。 「発達教育学科」では、教育学や心理学など人間の発達に関わる基礎的な学問をベースに、実践的な力を持つ小学校教員、幼稚園教員、特別支援学校教員や学習デザインや障がい児(者)の支援、福祉支援などの得意分野を持つ個性豊かな教育人材を育成します。 「人間環境システム学科」では、健康で安全・安心な社会をデザインする力や、情報化・国際化に対応できるコミュニケーション能力に優れ、豊かな人間環境の創造に貢献できる教育人材を育成します。11

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る