学習院大学 大学案内2018
86/148

上段:通年の科目または第1学期のみ開講の科目 下段:第2学期のみ開講の科目総合基礎科目から心理学を学べるカリキュラム。 1年次の履修の組み方については、まず必修の科目から埋めていきました。それから先輩からのアドバイスを参考に、2年次以降必修科目などで忙しくなると考え、できるだけ多くの科目を履修できるように総合基礎科目を選択しました。また、必修科目ではなく総合基礎科目の中にも心理学に関する授業があるため、より心理学を学んでいるという実感がわきます。2年次以降は前々から興味のあった臨床心理学について深く学んでいきたいと考えています。手厚いサポートのもと勉学に打ち込める。 図書室やコンピュータルームなどの学びの環境が整っているのはもちろん、手厚いサポート体制が魅力です。学生の相談に真摯に向き合ってくれる先生方、就職相談をはじめとしたアドバイスをくださる職員の方など、多くの人に支えていただいていることを日々感じています。そんな環境だからこそ、安心して勉学に励み、そのほかの活動にも打ち込めるのだと感謝しています。自分の興味や悩みを語り合える多くの友人と出会えたことも、学習院大学に来てよかったと実感させてくれました。心理学科を志望したきっかけは何ですか?中学や高校では扱わない新しいことを学んでみたいと思いました。さらに私の憧れていた国語の先生が心理学専攻だったこと、人の気持ちの変化などについて知りたいと思ったことがきっかけです。心理学科を志望したきっかけは何ですか?誰かの気持ちや行動の理由を考えることは日常の中で誰もが行っていることです。一方で人の心理を完璧に推測することは難しく、そこにスポットを当てた学問ということで興味を抱きました。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?将来は公務員になりたいと考えています。心理学は専門分野以外のさまざまな分野にも活かすことができると思うので、授業で多くの知識を身につけ、サークルなど他の活動にも熱心に励んでいます。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?人と人の心のつながりを大切にする仕事に就きたいと考えています。学科の授業を通じて人の心のプロセスを理解し、アルバイトなどの社会経験を通じて広い視野を持てるよう努力しています。おすすめの授業は何ですか?毎回、心理学に関するさまざまな実験を行い、それについてレポートを作成する「心理学実験演習Ⅰ」です。レポートなど文章を構成する能力がつき、実験の知識も身につけられるお勧めの授業です。おすすめの授業は何ですか?「心理学演習Ⅰ」は、心理学の英語論文を割り振られたクラスで読み解いていく授業です。自分たちで主体的に理解しようとする必要があるため、心理学を追究している実感が得られます。岡田知夏 OKADA, Chinatsu文学部心理学科1年 埼玉県・県立川越女子高等学校 出身1 rst-year 年3八木友紀 YAGI, Yuki文学部心理学科3年東京都・私立桜丘高等学校 出身 third-year 年 my curriculum my curriculum Mon12345TueWedThuFriSat スポーツ・健康科学I (卓球) 日本の伝統芸能B フランス語C (初級)20 心理学B 論理学 初等情報処理I 初等情報処理II 心I 近代日本と学習院 心理学研究法I 英語C(中級) 心IA フランス語B (初級)16 生命論A 認知心理学 心理学演習IC 英語R(中級) 心IA 舞台映像芸術A 福祉A 学習心理学 Mon12345TueWedThuFriSat 臨床心理学 (アセスメントと心理療法) 臨床心理学 ゼミナールC 社会心理学 ゼミナールA 心理学実験演習IID GAKUSHUIN UNIVERSITY084

元のページ  ../index.html#86

このブックを見る