学習院大学 大学案内2017
74/148

上段:通年の科目または第1学期のみ開講の科目 下段:第2学期のみ開講の科目文学、言語に制限されず、自由に授業を選択できる。 最初は履修の仕組みが分からず、部活の同じ学科の先輩に全て教えてもらいました。履修しなければいけない必修科目をまず組み、その後に1年次から履修できる教職課程を組みました。選択できる総合基礎科目は、先輩から話を聞いて興味を持った授業を選択しました。2年次以降はイギリスにおける小説をもっと専門的に学びたいと考えています。新入生にとって履修組みは難しいですが、大切なことですので、慎重に行うべきだと思います。教員と学生との距離感が近く、活気ある授業が楽しめる。 学習院大学はワンキャンパスでグラウンド等の運動施設がそろっており、サッカー部に所属している私にとっては大変充実した環境です。また授業においては少人数での授業が多く、学生が発言しやすい環境となっているため、授業にも活気があります。さらには先生と学生との距離感が近いことも特徴です。おかげで英語英米文化学科に所属している私は、多くのネイティヴの先生方との交流を図ることができ、着実に英語力が身についています。英語英米文化学科を志望したきっかけは何ですか?将来、英語の高校教員になりたいと思い、英語の教員免許が取れるこの学科を志望しました。特に「話す」力を伸ばしたいと思い、英語に特化した学科を選ぼうと考えたのも理由の一つです。英語英米文化学科を志望したきっかけは何ですか?英語を活かした仕事をしたいという理由で志望しました。英語英米文化学科では、書く、話す、聞くに加えて、英米の文化に触れることができ、「国際人」を目指す私にはふさわしい学科です。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?将来、英語の教員になるために、英語の授業以外にも教職課程を履修しています。また高校で陸上部の顧問をやりたいと考えており、現在は陸上競技部に所属し、日々の練習に励んでいます。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?将来は海外での勤務を目標としています。そのため毎日の授業を大切にし、TOEIC®の勉強をするほか、国際交流センターで留学生たちとの会話を楽しみながら、会話能力を向上させています。おすすめの授業は何ですか?「アカデミック・プレゼンテーション」はパワーポイントの作成から発表に至るまですべて自分で行う内容の濃い授業です。英文の書き方はもちろん、スピーキングについても学ぶことができます。おすすめの授業は何ですか?「現代研究コース入門講義I」は、いつも授業の冒頭にイギリスの最新ニュースを取り上げてくれます。英語でニュースを読む訓練になると同時に、現地の状況も把握できる一石二鳥の講義です。新井雄大 ARAI, Yuudai文学部英語英米文化学科1年 埼玉県・県立熊谷西高等学校 出身1 freshman 年3丹羽優太 NIWA, Yuuta文学部英語英米文化学科3年神奈川県・私立桐蔭学園高等学校 出身 junior 年 my curriculum my curriculum Mon12345TueWedThuFriSat 英語文化コース 入門講義I 英語文化コース 入門講義II 言語・教育コース 入門講義 教育課程論B アカデミック・ ライティング演習I アカデミック・ ライティング演習II ドイツ語B 現代研究コース 入門講義I 現代研究コース 入門講義II 英語R 英IC:講読 近代日本と 学習院 教育心理学C 比較文学 文化背景演習C 英語R 英IC:文法 ドイツ語C ジェンダーと文化 英語C 英IC:オーラル 英語C 英IC:ラボ 教育基礎D 教育概論D 福祉A 初等情報処理I 初等情報処理IIMon12345TueWedThuFriSat アカデミック・ ライティング演習(上級C) 現代・研究コース 講義B 現代研究コース 演習B 現代研究コース ゼミナールB 現代研究コース 演習D アカデミック・ プレゼンテーション演習(中級I)C GAKUSHUIN UNIVERSITY072

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る