学習院大学 大学案内2018
7/148

 私がこの会社を志望したのは抗がん剤とその周辺領域に特化した医薬品メーカーとして、国内外に評価される薬を開発しているからです。私は祖父をがんで亡くして以来、がん治療に興味があり、また誰もが利用する可能性のある薬に関わることで、人の役に立ちたいという思いもありました。入社後は医師などに医薬品をプロモーションするMRとして働く予定です。 面接では、大学のアナウンス研究会で鍛えた声の大きさ、滑舌の良さが大いに役立ちました。また自己分析を行う中で、自分の良さは真面目なところ、ポジティブで明るいところだと考え、「一番を取りにいく」姿勢をアピールしたことが評価につながったようです。 活動中はゼミの先生やキャリアセンターの方々、たくさんの刺激を与えてくれた友人たちに助けられました。学習院大学には、人のためにも自分のためにも本気になって頑張る人がたくさんいます。そんな幸運な出会いに恵まれたことで、自分も向上心を持って努力することができたと思います。私が4年間所属していたラクロス部は、周りに日本代表に選ばれるような選手が多くいたこともあって、「日本に貢献する」といったフレーズが当たり前のように飛び交うような環境でした。そんな中、いつしか私も将来、日本に貢献できるような仕事がしたいと考えるようになり、モノを売るよりも自分自身が商品となって、広い視点で日本経済を支えることができる金融業界を志望するようになりました。内定をいただいた野村證券は世界中に拠点があり、そこに魅力を感じると同時に、自分自身も多様性にふれる中で成長していけるのではないかと考えました。就職活動では、あまりアピールする内容を作り込まずに素の自分で向き合うことを心掛けました。結果的にリラックスして面接に臨むことができ、評価につながったのだと思います。大学時代に本気で取り組んだ部活動、知り合った多くの先輩方や友人たち―そうしたすべての出会いと経験に感謝をしつつ、社会に出ても自分の夢を追い求めていきたいと思います。 私が富士通を志望した動機は二つあります。一つは人工知能の分野に興味を持ったことです。自動車やスポーツの審判等、これまで人間にしかできないと思われていたことがロボット等の機械に変わる時代が近づいており、世の中に貢献できる分野だと感じました。もう一つは将棋部の先輩が富士通で働いており、仕事も趣味の将棋も生き生きと両立されている姿が印象に残ったからです。 就職活動ではメリハリをつけることを心掛けました。朝7時には研究室に行き、夕方17時までは帰らないという「自分ルール」を課すことで、就職活動と研究活動に区別をつけました。また本番の面接では自分の研究内容を専門外の人にもわかりやすく伝えることができたことや、大学から始めた将棋など色々なことにチャレンジする精神が評価され、内定につながったと感じています。理学部は演習の授業や実験発表等でプレゼンテーションの機会に恵まれており、自然と伝える力が鍛えられたことに感謝しています。 就職活動を通して、多くの人々と関わりながら社会全体を支えている銀行に興味を持ちました。内定先を志望したのは、セミナーなどを通じて行員の方々のお話を伺い、お客さまのご要望に誠実に対応することで信頼を得ていると感じたからです。また、より良いサービスを提供するために日々努力されている姿にも魅力を感じました。 就職活動中は、時間を見つけてはキャリアセンターに通い、模擬面接や企業研究、エントリーシートの作成に力を注ぎました。思い通りに結果が出なかったときも、周囲の人々に励まされ、諦めずに頑張ったからこそ内定をいただけたのだと思っています。 4年間を振り返ると、落語研究会の活動や日本語学習者へのボランティア指導など、これまで培ってきた努力を活かす場を与えてくれたのが学習院大学でした。気になることは自分で調べ、挑戦することで新たな道が拓け、自分の想像していなかった世界が見えてくることもあるのだと気づかせてくれました。川田 凌KAWADA, Ryou法学部法学科4年埼玉県・私立城北埼玉高等学校 出身野村證券株式会社内定中村恵理子NAKAMURA, Eriko文学部日本語日本文学科4年東京都・私立普連土学園高等学校 出身株式会社三菱東京UFJ銀行内定長谷川莉夏HASEGAWA, Rika経済学部経済学科4年東京都・私立東洋高等学校 出身株式会社ヤクルト本社内定伊藤竜朗ITO, Tatsurou大学院自然科学研究科物理学専攻博士課程前期2年東京都・私立聖学院高等学校 出身富士通株式会社内定世界に目を向け、日本経済を支える金融業界でチャレンジしたい。がんと闘う医薬品分野で人の役に立つ仕事がしたい。挑戦することで新たな道が拓け、想像しなかった世界が見えてくる。演習や実験の発表を重ねることで、プレゼンテーション能力の向上につながった。内定者の声Voice of the Prospective Employees005

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る