学習院大学 大学案内2018
68/148

GAKUSHUIN UNIVERSITY066あなたは日本文化の何に興味を持っていますか。源氏物語ですか、太宰治ですか、若者言葉ですか、方言ですか、外から見た日本ですか、宮崎駿ですか?日本語日本文学科では基礎知識からその応用まで勉強することができます。みなさんはさまざまなルートから日本や世界を考えていくことができます。日本語日本文学科はあなたの好奇心でさまざまに姿を変えていきます。ルートを決めるのはあなたの好奇心です。日本を学んで思考を深め視野を広げる major topics 文学部 Faculty of LettersDepartment of Japanese Language and Literature日本語     日本文学科日本の言語、文学、文化、関連領域を学際的に学んで、日本の過去・現在・未来と世界を考える。 日本語日本文学科では、古代から現代に至る日本語・日本文学を中心とする日本文化と、日本語教育に関心のある学生を対象に研究と教育を行っています。学科創設以来、重んじてきた実証的かつ堅実な研究方法を特色としながら、創意に満ちた国際的な感覚も取り入れ、日本的な思考の特色を具体的かつ相対的に把握することを狙いとしています。学科は「日本語日本文学系」と「日本語教育系」の2コースからなり、既存の国文科を超えた幅広い教育を実践。いずれのコースも日本語を中心軸として学んでいきます。 国際的な感覚を大切にしながら、 日本語と日本文学を学び、 日本文化や思考の特色を探究する。 what we are doing  日本語日本文学科では、4年次の大半を費やして20,000字以上の卒業論文を作成します。そのため3年次の授業で関心のある領域の講義や演習を履修し、テーマを絞って研究を具体的に進めていくための準備に取りかかる必要があります。本学科にゼミの制度はありませんが、指導教授の演習がゼミの性格を持ち、実質的な指導教授となるほか、論文の中間発表や研修を兼ねた旅行なども行われます。卒論は4年間の勉学の集大成であり、その経験と自信は将来研究者や教育者以外の道を志す人にとっても、かけがえのない財産となるはずです。 最終目標である卒論作成に向けて、 コースに応じた専門教育を 一流の教授陣が展開。 what we are doing

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る