学習院大学 大学案内2017
66/148

上段:通年の科目または第1学期のみ開講の科目 下段:第2学期のみ開講の科目2年次からの専門的な学びに備えた履修を選択。 私は歴史を学ぶためには、特定の時代・地域を専門的に学ぶと共に、様々な地域の歴史を学び、広い視野を持つことが必要だと思います。その点から、2年次からはゼミでより専門的な学びをすることを踏まえ、1年次には必修科目では歴史学の基礎を、基礎科目では幅広い地域の文化、歴史を学ぶことを重視して履修を組みました。2年次からは日本近代史を中心に、国際関係学など他分野も学びながら、自分の目指す学問を探究していきたいと思います。史学に欠かせない技術と尺度を最初に学んだ。 学習院大学で学んだ大きなことといえば、1年次に各概説・概論で学んだ歴史の研究法です。史料に基づく実証と文脈の構成、史料価値の判断などの技術や尺度は史学に欠かせません。当時は新しい批判の目を得て、少し高い展望台から世間を見渡すくらいの気分でしたが、自分の研究を始めてから、講義の言葉が脳裏の傷となって方針立てに活きているのを感じます。こうした価値観を養うために、並行して多くの先生方の話を聴けたことは大変有意だったと思います。史学科を志望したきっかけは何ですか?現代の社会問題について学びたいという思いもありましたが、史料から史実を積み上げ、歴史を学ぶことが、現在の問題の背景や根底にあるものを考える上で重要と考え、史学科を志望しました。史学科を志望したきっかけは何ですか?高校時代は社会科が得意というだけで歴史に深い思い入れがあったわけではありませんが、過去を知る学問に魅力を感じ、著名な教授陣と貴重な資料の多い学習院大学史学科を志望しました。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?世界で起きている紛争や対立、貧困等の問題を解決していく一助となる仕事に就くことです。そのため歴史学を軸に、外国語の勉強や現在の社会問題について調べ、考えることを心掛けています。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?一つの事実でも、既存の知識と新しい知識、視点の位置で様々な見解を持つことに面白さを感じています。そのために、幅広い分野を学び多様な知識を吸収しながら将来の目標を探しています。おすすめの授業は何ですか?パリの都市改造に伴う労働者住宅の建設を扱った「西洋史特殊講義」です。労働者の生活をいかに衛生的で画一的で従順なものに保つかという設計側の思惑を、平面図や地図を見ながら学びます。おすすめの授業は何ですか?「史学概論」では、教科書などで提示された歴史を受け取るだけの立場から、自分で史料を読み取り、歴史を生産していくことの意味を学びます。新しい発見や価値観に出会える授業です。花田珠里 HANADA, Juri文学部史学科1年 神奈川県・私立湘南白百合学園高等学校 出身1 freshman 年3前河涼介 MAEKAWA, Ryousuke文学部史学科3年千葉県・県立東葛飾高等学校 出身 junior 年 my curriculum my curriculum Mon12345TueWedThuFriSat 日本史概説 日本国憲法 南アジア世界 西洋史概説 基礎演習B 英語C(中級) 史IC ドイツ語C (初級)5 考古学概説 東アジア世界 史学概論 史資料入門 イスラム世界 東洋史概説 ヨーロッパ世界 基礎演習A 西洋史概説 スポーツ・健康科学I ドイツ語B (初級)20 英語R(中級) 史IC 初等情報処理I 史I 初等情報処理II 史I 教育基礎D 教職概論D 福祉A 安全保障論I Mon12345TueWedThuFriSat 日本の伝統芸能A 芸術学 西洋史特殊講義 近代日本と学習院 西洋史特殊講義 西洋史特殊講義 西洋史演習 民俗学特殊講義 博物館資料保存論 GAKUSHUIN UNIVERSITY064

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る