学習院大学 大学案内2017
49/148

GAKUSHUIN UNIVERSITY047 how to study  経済学科では、まず経済学的なものの考え方を身につけることを重視しています。具体的にはミクロ経済学、マクロ経済学、経済政策、統計学、経済史といった経済全般を扱う基本科目のほか、財政学、金融論、国際経済学、労働経済学、日本経済論などの各分野を基礎から学び、より高度な専門知識と分析力の習得へと着実にステップアップを目指します。1・2年次に必修科目をマスターした上で、多くの開設科目の中から興味を持った分野の科目を体系的・組織的そして積極的に履修すると、卒業時には相当の専門知識と分析力を得ることが可能です。 経済学の初歩的な内容から 段階的にステップアップし、 高度な専門知識を身につける。 経済学科ではグローバル時代にふさわしい経済人を輩出すべく、実践的な英語教育を重視しています。経済関係原書を英語で読む「外国書講読」や、ネイティヴスピーカーの講師を招いて様々な経済問題を英語で議論する「英語で学ぶ経済学」など多彩な専門科目を設けています。またTOEIC®や英会話に対する独自の補助制度や、海外の提携校を通じた留学制度も充実しています。グローバル時代にふさわしい経済人を育てる外国語教育 経済学科で学ぶには、最低限の数学の知識は必要になります。ただし高校時代に学ぶべき「数学Ⅱ」「数学A・B」を未履修の学生がいることも踏まえ、「経済数学」の講義に加え、高校数学の問題演習を行う授業を1年生向けに開講。これによって、学部で学ぶ経済学には十分に対応が可能となります。経済学が数学を道具として使うのは、言葉で説明するよりも論理的で分かりやすいからです。経済学科に数学の知識は必要? column column  講義では企業行動、その組織体制、政府の役割を主な分析対象とし、基礎理論を事例やデータ分析で補完していくことで、事象の因果関係を解き明かす経済学的な思考力を養うことを目標としています。大学で学ぶ知識の多くは陳腐化していきます。しかし、重要なのは知識ではなく、論理的思考力を養い、その内容を相手に伝え納得してもらう能力を身につけることです。大学で過ごす時間は限られていますが、積極的に講義に参加し、先生に多くの質問を投げかけ、自分の能力を高めてください。西村淳一 准教授 seminar ●主な研究テーマ西洋経済史、経営史、消費文化論、経済学史●担当科目一般経済史、経済情報入門Ⅱ、入門演習、演習 私の担当する授業では、例えば自動車産業の歴史なら組織論よりもまずモデルチェンジに見られる経営戦略や購買層の変化に着目するというように、できるだけ身近で理解しやすい講義を心がけています。あらゆる社会科学を理論的かつ総合的に分析できる経済学、そして経済史のおもしろさを、ぜひ大学で味わってほしいと思います。眞嶋史叙 教授 seminar data 2017年度入学試験区分自己推薦特別入試公募制推薦入学一般入試社会人入試指定校推薦入学AO入試編入学試験外国人留学生入試海外帰国入試入試の詳細は〉〉P128経済学科 Department of Economics経済学部 Faculty of Economics企業行動や組織体制の分析を通じ、経済学的な思考能力を養う。経営戦略や購買層の変化に着目し、経済史のダイナミズムを体感。2017年度入学定員在籍学生数名250 1 年 2 9 9 名 2 年 2 4 8 名 3 年 2 7 2 名 4 年 3 4 2 名1,161名男子71.3%女子28.7%2015年5月1日現在

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る