学習院大学 大学案内2017
41/148

GAKUSHUIN UNIVERSITY039 how to study  政治学科では、1年生向けに「基礎講義」と「基礎演習」を設け、入学時の段階から自主的な学びの基礎を身につけることを目指しています。3・4年生からは少人数制の専門演習などゼミナール形式の科目が充実。学生は自分自身でテーマを見つけ、より主体的に学びを深めていくことが求められます。演習では、学生同士が議論を交わすことで多面的なものの見方を身につけ、問題の発見・分析、コミュニケーション、発信などの能力向上を図ります。また特に意欲的な学生に向け、政治学科では英語教育の充実したFT(特別選抜)コースを開講しています。 自主的に学び 主体的に学問を追究する 少人数教育の場。 グローバル化にもいち早く対応してきた政治学科では、海外留学を奨励するために、学内に先駆けてセメスター制に移行しました。1年間を2つの学期に分けることで、半期ごとに単位が取得できるため、年度の途中で留学に出たり、帰ってくることが容易な履修制度となっています。短期留学プログラムも充実しており、学生の選択肢も豊富です。グローバル化に向けてセメスター制を採用 その多岐にわたる学びの内容と同じく、政治学科の学生の就職先は多種多様です。金融、商社、メーカーなどの一般企業のほか、新聞社や放送局などの報道関係、広告業界、国家および地方公務員など幅広いフィールドへと踏み出しています。政治学や社会学を通して身につける知的基礎体力は、社会人となった卒業生たちの土台となっています。多彩な進路が広がっている column column  この演習では、国際開発における主要テーマを取り上げ、開発援助政策において、理論が実践に変換される一連の過程を分析しています。ここ数年は、紛争と開発の交錯、被援助国とドナーの間の関係、新興ドナーの台頭、援助政策における政治性の問題などを扱ってきました。どのテーマを学ぶにせよ、学生が開発のダイナミズムを把握できるように、具体的事例に依拠した英語文献を主な教材としています。また、実務家を講師として招聘し、現場の声を聴く機会も用意しています。途上国の現場や各援助機関で活躍されている方のお話を直接に伺うことは、文献を読むのとはまた違った、得難い学習体験となるはずです。具体例を通じて開発の理論と実践を学ぶ国際開発協力論演習 元田結花 教授 seminar  政治学科には、少人数制の「特別選抜コース(FT course)」が設けられています。政治や行政、メディアの第一線で通用する高い実務能力を養うことが目的です。3年で学部を卒業し、そのまま大学院に進学することもできます。大学院の2年間を合わせ、5年で修士号の取得が可能です。 コース内容は、1実践英語演習、2政策研究プロジェクト、3政策評価、4統計・データ処理、5エッセイ・ライティングから構成されます(2・3年の前期・後期の各学期で2~5を一つずつ履修)。実践的英語能力の修得に向け、ブリティッシュ・カウンシルによる90時間分の集中コース、TOEFL®対策の特別クラスをはじめ、全タームで英語を履修します。なお大学院では特別協定による留学(カリフォルニア大学サンディエゴ校)や英語圏での夏季語学研修も可能です。本コースでは、担当のコース主任がきめ細かい指導を提供するほか、外部からの有識者や実務家を招いた上で、教員とコース生との合宿演習を実施します。特別選抜コース(FT course)について topics data 2017年度入学試験区分自己推薦特別入試公募制推薦入学一般入試社会人入試指定校推薦入学AO入試編入学試験外国人留学生入試海外帰国入試入試の詳細は〉〉P128政治学科 Department of Political Studies法学部 Faculty of Law2017年度入学定員在籍学生数名230 1 年 2 5 8 名 2 年 2 3 2 名 3 年 2 3 9 名 4 年 2 6 4 名993名男子56.0%女子44.0%2015年5月1日現在

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る