学習院大学 大学案内2017
4/148

 学習院大学は特別な人の大学ではありません。特別な人になるための大学です。 特別な人とはどのような人のことでしょうか。その人がいなくてはやっていけない。そのように思ってもらえるような人のことです。学習院大学は人間型のロボットを作っているのではありません。ロボットはどんなに高度な技術を持っていても、壊れれば別のロボットで代替できます。私たちは代替不可能な〈人〉を育てているのです。 特別な人になるためにはどうすればよいのでしょうか。ある社会学者の言葉を借りると、「汎用性のあるスキル」を身につければよいのです。以前はタイプライターでタイプを打つ、あるいは算盤で計算ができることは特別な能力でした。今では誰でもワープロと電卓で簡単に作業ができます。技術の進歩にかかわらず、古くならないスキルを身につけることが重要なのです。 古くならないスキルとは何でしょうか。それは問題を発見し解決する能力のことです。別の言い方をすれば、自分の頭で考え自分の言葉で表現する能力のことを指します。学習院大学の学部・大学院・専門職大学院は、それぞれの専門を異にしながらも、このような能力を身につける学生を育てることを共通の目標としています。 学習院大学は目白の杜のなかにある〈知〉のコミュニティです。このコミュニティは多様性を大事にします。ここでは問題関心も考え方も多様な人が集まって、ちがいを相互に認識しながらも相互依存関係を作り、問題解決のために協力しているのです。 学習院大学で学ぶことによって、みなさんが特別な人になることを期待しています。1956年東京生まれ。1981年一橋大学社会学部社会学科卒業。1986年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。法学博士。一橋大学助手を経て、1989年学習院大学法学部助教授。1993年教授。法人理事、法学部長などを歴任。2014年4月学習院大学長に就任。学習院大学長 井上寿一 INOUE, Toshikazu002

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る