学習院大学 大学案内2018
38/148

上段:通年の科目または第1学期のみ開講の科目 下段:第2学期のみ開講の科目演習形式の授業を1年次から積極的に履修。 法学科の必要単位の中でも重要な憲法・民法・刑法に加え、1年次に取るべきとされた外国語科目を組んだうえで、自分の興味のある科目を履修しました。特に企業と行政を重点的に勉強したいと考え、会社法や行政法に関する授業・特設演習を多く履修しています。演習形式の授業を早めに経験したいという狙いもありました。2年次以降は、より専門的な商法や行政法といった専門科目を受講することで、さらに知識を増やしながら、これまでに得た知識と併せて活用できるようにしたいです。法の基礎と専門性に早くからふれられる。 四季の移ろいを感じることができる自然豊かな景色と、歴史ある校舎に囲まれた広々としたキャンパスの中で、4年間の学生生活を過ごすことができるのは、学習院大学ならではの魅力だと思います。法学部では、大教室で学ぶ基礎的な法律科目に加え、少人数で行われる演習形式の授業も多数開講されています。1年次から受講できるものも多いため、法についての基礎と専門性に早いうちからふれることができることも、大きなメリットになっています。法学科を志望したきっかけは何ですか?企業や行政の仕組みは法律に基づいて作られています。法律を学ぶことで、そういった世の中の仕組みそのものを勉強できるのではないかと考え、法学科を志望しました。法学科を志望したきっかけは何ですか?高校生当時、法律以外にも興味を抱いた分野はありましたが、「大学4年間を通じて、私は何を学びたいのだろう」と自身に問いかけたとき、「法律を学びたい」と感じたことを今でも覚えています。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?都市計画に関する仕事をしたいと考えています。都市は多種多様な仕組みや制度の複合体であるので、法律について学ぶときにも、その成り立ちや仕組みについてよく考えるようにしています。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?法律関係の仕事に就きたいと考えており、そのために必要な勉強を進めているところです。毎日、報道されるニュースに目を向けることで、社会の多様な問題に関心が向くよう心掛けています。おすすめの授業は何ですか?「国際法Ⅰ・Ⅱ」は、領土問題や地球温暖化対策をめぐる問題を、法的な観点から捉え直す形で学ぶことができる科目です。国際社会に潜む問題をいつもとは違う視点から考えることができます。おすすめの授業は何ですか?特設演習「会社法の基礎を学ぶ」は、20人による演習形式の授業で、参加者が一人ずつ発表を重ねながら、一から会社法を学ぶことができます。先生のわかりやすい解説が理解を助けてくれます。石田元輝 ISHIDA, Motoki法学部法学科1年 東京都・私立学習院高等科 出身1年3柴田亞弥 SHIBATA, Aya法学部法学科3年東京都・私立恵泉女学園高等学校 出身年 my curriculum my curriculum Mon12345TueWedThuFriSat 経営学総論 民法I 行政法入門 役に立つ行政法 中国語B 特殊講義 (報道現場から見る世界I) 特殊講義 (報道現場から見る世界II) 特設演習 (会社法の基礎を学ぶ) ビジネスと法 英語R 法IC 時間・空間・ 物質の科学 中国語C 公共政策I 公共政策II 国際社会の 刑事裁判 初等情報処理I 初等情報処理II 英語C 法IC 刑法I 憲法I Mon12345TueWedThuFriSat 民法IV 民法演習 行政と法 行政法I 国際法II 憲法演習 民事訴訟法 比較憲法 rst-year third-year GAKUSHUIN UNIVERSITY036

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る