学習院大学 大学案内2018
21/148

株式会社VIEW MORE代表取締役社長早川陽介HAYAKAWA, Yousuke2010年理学部物理学科 卒業interview with graduates 父が会社を経営していたため、小さいころから漠然と「自分もいつか事業をやりたい」と思っていました。そして、大学時代のカナダ留学がきっかけで海外旅行が大好きになり、各国を旅する中で特に東南アジアに惹かれるようになったのです。将来は東南アジアで事業を起こそう─。その思いを胸に、まずはビジネスの基礎や経営者としての姿勢を学ぼうと野村證券に就職しました。しかし、同社の海外修練制度を活用してベトナムに留学したところ、起業への思いが日に日に募り、とうとう退職して現地で事業を始めたのです。 まず日本人向けの料理教室を、次に現地企業に日本式の接客マナーを指導するコンサルティング会社を経営しました。いずれも好調でしたが、結婚を機に帰国し、現在は設立したばかりのVIEW MOREを軌道に乗せるべく頑張っています。今の中心事業は資産運用や金融アドバイスですが、将来的には目に見えるモノを販売していきたい。新たな市場ニーズを捉えて会社を成長させ、いつか海外でも事業展開したいと思っています。 私は高校時代に物理の面白さに目覚めて物理学科に入学しましたが、経営者になった今も「あの学科で学んでよかった」と実感しています。同学科での学びは数学的な要素が強く、目の前の数字が何を表しているのか、背景を考える習慣が身につきました。この習慣は、事業売上や投資情報などを見る際に大きく役立っています。また、在学当時の物理学科には、1年休学して留学する学生はほとんどいませんでしたが、大学は私の希望を尊重してくれました。学習院大学は、学生が自ら発信したり挑戦したりすることに対して寛容で、チャレンジ精神のある人にはとても魅力的なフィールドだと言えます。 もう一つ、学習院大学は人とのつながりが生まれやすい点も魅力です。ワンキャンパスなので、私は同じ学部にも他学部にもたくさんの友人ができました。今では、そのつながりに加えて同じ学習院出身ということで新たなつながりが生まれることもあり、ビジネス面でお世話になることもしばしば。学習院大学のつながりの強さを身にしみて感じています。今後も、母校が与えてくれた経験とつながりを大切にしながら、VIEW MOREの事業拡大に取り組んでいきたいと思います。snapshot3年生のときに休学しカナダへ留学。「大学でやり残したことは海外経験と英語の習得」と考え、就職活動より渡航を選びました。語学学校での学びや現地企業でのインターンなど実り多い留学でした。起業したいという強い思いと大学で育んだ経験やつながりが大きな糧に。GAKUSHUIN UNIVERSITY019

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る