学習院大学 大学案内2018
18/148

snapshot学生時代に所属していたバレーボールサークル「QUASAR(クエーサー)」の、合宿でのワンショット。今は仕事もバラバラですが、何かあればすぐ全員集合できるほど仲の良いメンバーです。株式会社Viibar人事担当森本冴子MORIMOTO, Saeko2007年法学部法学科卒業interview with graduates 株式会社Vビーバーiibarでは、Web動画を作りたいと考えている企業に対して、企画から配信、制作、効果検証までをトータルに提供しています。旧態依然の業界をテクノロジーの力で変えていくため、オンライン動画制作ツールの開発も行っているので、当社の成長にはWebエンジニアの力が欠かせません。2013年設立とまだ創業間もないスタートアップ企業ですが、今年は大きな飛躍を遂げようと年間40人の採用を目標にしており、人事・採用担当として責任の重さと同時に大きなやりがいを感じています。 今の職に就いたのは、卒業後に入社した株式会社リクルートキャリアでの経験がきっかけです。同社ではまず4年間、採用を中心に人事を担当し、その後3年間インターネット業界のキャリアアドバイザーと採用アドバイザーを務めました。当時は業界全体が急成長していた時期で、私も社員が一気に倍になる過程や業界の変貌を体験できました。この経験から、人事・採用には会社を大きく変える力があると実感し、その分野のプロフェッショナルを目指そうと思うようになったのです。自分が関わることで成長期にある会社を変えていきたい、新しい環境で自分を成長させたい─そう考え始めた私にとってViibarはとても魅力的な職場で、今は日々思いを叶えていく喜びを感じながら働いています。 今の自分があるのは、ゼミの先生や仲間たちから受けた刺激が大きかったと思います。ゼミのモットーは「全全力」。みなやる気に満ちあふれていて、文字通り全力の上をいく力を出し切って取り組んでいました。おかげで、自分から主体的に取り組めばそれだけ得られるものも大きいのだと、身をもって知ることができたと思います。またサークルでも、自分が主体的に行動することで周りが変わっていくという経験をしました。この二つの経験は、人事の仕事をするうえでも大きく役立っています。 学習院大学は貴重な経験を与えてくれたとともに、就職活動の際にもさまざまなプログラムで私を支えてくれました。今も感謝の気持ちが強く、面接対策セミナーの講師などを務めることで少しでも恩返しできたらと思っています。今後も人事担当として採用や勤怠制度設計などの労務に全力で取り組み、人や会社を支え、成長させていくプロフェッショナルを目指して頑張っていきます。GAKUSHUIN APPEALS卒業生の声Voice of the Graduates#7主体的に取り組む姿勢を大切に、会社の成長を支える「人事のプロ」を目指す。GAKUSHUIN UNIVERSITY016

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る