学習院大学 大学案内2017
142/148

よくある質問 Q&A 入試について学習院大学の一般入試はどのような試験ですか?Q一般入試は学習院大学独自の出題形式となります。問題の形式は、「マーク・記述併用」もしくは「記述のみ」となっています。例年、国語、英語、日本史、世界史、地理、政治・経済で「マーク・記述併用」を採用しています。「マーク・記述併用」におけるマークの占める配点上の比率は、平均約50%です。なお、学習院大学では2016年度入試においても各学部ともセンター試験は導入しませんでした。A一般入試以外の入試制度はありますか?Q学習院大学では、一般入試のほか、指定校推薦入学、公募制推薦入学、自己推薦特別入試、海外帰国入試、外国人留学生入試、AO入試、社会人入試を実施しています。(ただし、学部・学科によっては実施していない入試もあります。)また、センター試験は利用せず、全て本学独自の入試問題で実施しています。なお、入試の種類によって出願資格等が異なりますので、詳しくは本学アドミッションセンターまでお問い合わせください。A入学後に、転部・転科することは可能なのでしょうか。Q本来、受験する際には、自分の将来の進路、学問に対する関心、適性などを考慮して慎重に学部・学科を選択すべきですが、入学後、どうしても他学部、他学科へ移りたいという学生に対しては、選考によって転部・転科を許可しています。これは原則として新2年次への転部・転科で、転部・転科試験の成績、1年次における学内成績、入試成績等を考慮して選考しています。A入学後に外国の大学に留学したいのですが、その制度はありますか。Q本学では、所定の手続きを踏んで外国の大学への留学を許可された場合には、原則として留学期間1年間(特別の事情があるときには、さらに1年以内の延長を認めます)を、本学の在学期間に算入し、教授会の承認の上、30単位を限度として留学先で修得した単位を本学の単位として認定可能です。 ▶P20~23参照A一般入試の会場はどこですか?Q学習院大学は東京・目白にキャンパスがあります。一般入試もこのキャンパスで試験を実施します。JR山手線目白駅改札より徒歩30秒です。A入学後ひとり暮らしをする場合、住まいの紹介はしてもらえますか?Q本学の関連団体「株式会社学習院蓁々会(しんしんかい)」(http://www.g-shinshinkai.co.jp/)で扱っています。パンフレットも配布していますので、お問い合わせください。A他学部との併願をしてどちらも合格した場合は、どのような扱いになりますか?Q例えば先に合格した学部へ入学時納付金を納入した後、他学部に合格した場合、希望により既納の納付金を合格分として取り扱うことができます。ただし、学部により納入金額が異なるため、その差額については徴収または返還いたします。A合格発表はどのように行われますか?Q本学では、学内での掲示のほか、「電話・インターネット応答による合否案内システム」で合否結果を確認することができます。また、受験生の便宜を考慮し補助的な手段として、本学ホームページでも合否結果を確認することができます。A学習院大学の法学部・経済学部・文学部ではそれぞれ第2志望まで認められるようですが、その取り扱いはどうなっているのですか?Q学科別に、高点順に合格者を決めていきます。S君がA学科を第1志望、B学科を第2志望としたとします。第1志望のA学科がB学科より高い点で予定の人数に達し、S君の得点がA学科の合格点に及ばない場合には、S君は第2志望としたB学科の方で選考対象となります。入学の意思があれば、願書に第2志望を記入しておきましょう。A推薦入学制度について教えてください。Q学習院大学には2種類の推薦入学制度があります。一つは指定校推薦入学です。全学部が対象で、出願は3月卒業見込みの高校3年生に限られます。選考方法は全学部とも書類選考(理学部はこれに口頭試問を加えます)です。今年度については、指定校決定7月上旬(該当高校には個別に通知します)、出願11月上旬、選考・合格者決定12月上旬の予定です。詳しくは、高校の進路指導の先生におたずねください。もう一つは公募制推薦入学です。経済学部全学科、文学部哲学科・史学科・英語英米文化学科・ドイツ語圏文化学科・フランス語圏文化学科・教育学科、理学部全学科、国際社会科学部で実施しています。A入学してからGAKUSHUIN UNIVERSITY140

元のページ  ../index.html#142

このブックを見る