学習院大学 大学案内2017
139/148

 当初、あまり乗り気ではなかった私が、音楽部で本格的に活動することになったのは、新歓期間中に先輩方の演奏を目の当たりにし、そのすばらしさに憧れの気持ちを抱いたことがきっかけです。サークルとは違って練習も厳しく、勉強やアルバイトとの両立も大変ですが、最初に「楽しんでやろう」と決めた気持ちを忘れずに、他の部員にも同じように楽しんでもらえるように日々、取り組んでいます。 現在、音楽部には管弦楽団と合唱団に分かれて約200名が所属しており、年2回の定期演奏会を目標に活動しています。春の演奏会は各団が分かれて行いますが、秋にはそろって同じ楽曲に取り組むなど、一人では味わえない多彩な音楽の醍醐味に触れることができます。また、新歓合宿やクリスマス会といったイベントも充実しており、年間を通じて様々な楽しみがあります。 私は音楽部の活動を通じて、音楽的技術の向上はもちろん、200名の部員をまとめるリーダーシップを発揮し、予想もしなかった事態に対処するという経験を積むことができました。大学生活は貴重な4年間ですが、自分が心の底から楽しいと思えることを見つけることで、さらに有意義なものになります。私にとっては、それが音楽部の活動です。文化部会 音楽部長島正裕NAGASHIMA, Masahiro経済学部経済学科3年神奈川県・私立神奈川大学附属高等学校 出身interviewsnapshot2年生が主体となって運営し、1年生にとっては初舞台となる「目白音楽祭」のステージでの演奏風景です。部員が一致団結し、多くの来場者に恵まれたことが印象に残っています。ひとりでは決して味わえない、音楽の醍醐味に触れられる。GAKUSHUIN UNIVERSITY137

元のページ  ../index.html#139

このブックを見る