学習院大学 大学案内2017
13/148

株式会社 ケイト・スペード ジャパン人事総務部 シニアマネージャー徳江有希子TOKUE, Yukiko1998年経済学部経済学科 卒業interview with graduatessnapshot様々な個性を会社の力に変える人事の仕事をライフワークにしたい。 私は学生時代にチケット事業や通販関連の会社でアルバイトをしていた経験から、流通や小売りといった業種に興味を持ちました。最初の職場となったディズニーストアの面接を受けたのは、経済学部で学んだマーケティングなどの知識を活かせる職場に就きたいと考えたから。ところが面接のときにお目にかかった、人生の師となる元上司に、「人事」のおもしろさに気が付くきっかけを頂き、まったく縁のなかった人事の世界に飛び込みました。 以来、私は外資系人事畑でキャリアを積み重ね、現在はニューヨークを拠点とするファッションブランドの日本法人、ケイト・スペード ジャパンの人事総務部で働いています。ひとことで人事と言っても、人事の中には、人事企画、採用、育成などさまざまな業務があり、中でも私は、さまざまな個性に触れ合える採用の業務に魅力を感じております。各々の個性が、各業務の中で、またチームの中でどのように花開くのか、どのような組み合わせになると、1+1=2ではなく、3、4、5のパワーを発揮することができるのか、会社の原動力となり得る人材の採用のサポートをさせて頂くことに、やりがいを感じています。ケイト・スペードは、何よりもクリエイティビティーに価値を置き、ブランドを成長させるための明確なポリシーとして、人を大切にする風土を持っています。私はその理念に共感しながら、これまでの仕事で培ってきた経験を活かせる土壌に巡り合えたことを幸せに感じています。私がこれまで一貫して人事の仕事を続けてこられたのは、やはり人と関わることが好きだからなのだと思います。 学習院大学の経済学部では、多彩な授業やゼミの場を提供しており、当時は気づけませんでしたが、1年次から始まるマクロ経済学、労働経済学など、実践に即した授業を受講することができたことは、社会に出て様々な場面で役に立っています。また、卒業して改めて思うのは、学習院という学び舎は、人と人との結びつきが強く、温かいこと。在学生、卒業生に「困っている人がいれば無償でサポートしよう」というホスピタリティーと、ネットワークが昔も今も変わらぬ形で生きており、学習院で学べたことは、自分の中での大きな財産になっていると感じます。 私は学生時代にチケット事業や通販関連の会社でアルバイトをしていた経験から、流通や小売りといった業種に興味を持ちました。最初の職場となったディズニーストアの面接を受けたのは、経済学部で学んだマーケティングなどの知識を活かせる職場に就きたいと考えたから。ところが面接のときにお目にかかった、人生の師となる元上司に、「人事」のおもしろさに気が付くきっかけを頂き、まったく縁のなかった人事の世界に飛び込みました。 以来、私は外資系人事畑でキャリアを積み重ね、現在はニューヨークを拠点とするファッションブランドの日本法人、ケイト・スペード ジャパンの人事総務部で働いています。ひとことで人事と言っても、人事の中には、人事企画、採用、育成などさまざまな業務があり、中でも私は、さまざまな個性に触れ合える採用の業務に魅力を感じております。各々の個性が、各業務の中で、またチームの中でどのように花開くのか、どのような組み合わせになると、1+1=2ではなく、3、4、5のパワーを発揮することができるのか、会社の原動力となり得る人材の採用のサポートをさせて頂くことに、やりがいを感じています。ケイト・スペードは、何よりもクリエイティビティーに価値を置き、ブランドを成長させるための明確なポリシーとして、人を大切にする風土を持っています。私はその理念に共感しながら、これまでの仕事で培ってきた経験を活かせる土壌に巡り合えたことを幸せに感じています。私がこれまで一貫して人事の仕事を続けてこられたのは、やはり人と関わることが好きだからなのだと思います。 学習院大学の経済学部では、多彩な授業やゼミの場を提供しており、当時は気づけませんでしたが、1年次から始まるマクロ経済学、労働経済学など、実践に即した授業を受講することができたことは、社会に出て様々な場面で役に立っています。また、卒業して改めて思うのは、学習院という学び舎は、人と人との結びつきが強く、温かいこと。在学生、卒業生に「困っている人がいれば無償でサポートしよう」というホスピタリティーと、ネットワークが昔も今も変わらぬ形で生きており、学習院で学べたことは、自分の中での大きな財産になっていると感じます。夏のテニスサークルの院内戦の運営スタッフとして、仲間たちと撮った3年次の1枚です。参加者がストレスなく大会に集中できるよう、裏方として様々な業務を行う大変さと、楽しさとを先輩に教わった夏でした。夏のテニスサークルの院内戦の運営スタッフとして、仲間たちと撮った3年次の1枚です。参加者がストレスなく大会に集中できるよう、裏方として様々な業務を行う大変さと、楽しさとを先輩に教わった夏でした。GAKUSHUIN UNIVERSITY011

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る