学習院大学 大学案内2017
118/148

 大学での貴重な4年間を「なんとなく国際人」になるために費やすのではなく、「ビジネスの第一線で活躍できる国際人」として羽ばたくために。そんなポリシーを持って、3つの柱を準備しました。 世界中の人と対等に渡り合い、 国際的なビジネスの第一線で活躍できる人に なってほしい。 what we are doing 世界はますますグローバル化しています。日本の若者も日本を飛び出し、世界の人たちと共に働く機会がますます増えていくでしょう。世界でチャレンジするためには、まず世界の人たちがどのような経済活動を行い、何を考えているのかを知る必要があります。そして世界の仕組みを理解した上で、実践的なコミュニケーション能力を身に付け、自ら課題を発見し、それを解決する術を身に付けなければなりません。世界の人とただ仲良くするためではなく、世界の人とビジネスをするために、どう考え、何をすべきなのか─そんなグローバルな視点を、誰もが持ち合わせる必要のある時代が始まっているのです。世界の人々と真っ当にビジネスをするために major topics data 国際社会科学部 Faculty of International Social SciencesDepartment of International Social Sciences国際社会科学科目指すのは国際的に活躍するビジネスパーソン。その基礎体力をつけるための4年間。課題発見・解決力英語と専門科目(社会科学)を同時に学習するカリキュラム4週間以上の海外研修課題発見・解決力 ····················96.9%国際経済・社会に対する理解力 ············46.8%英語によるコミュニケーション能力······36.9%123456世界の国々の歴史や文化に対する理解力 ······························20.0%日本語と英語以外の言語によるコミュニケーション能力 ·······12.3%貿易実務・簿記など(英語などの語学を除く)の資格保有 ········6.2%企業が大学生に求めている能力は資格ではないことを上記のデータ(2014年12月に調査)が示しています。本学部では国際社会で役に立つ上位3つの能力を身につけるためのカリキュラムを用意しています。企業が求めている能力(学習院大学調べ)貴社の新卒採用(2015年4月入社)において、大学生に求めた能力を教えてください。(複数回答可)海外とのやり取りがある65社の人事担当者の回答GAKUSHUIN UNIVERSITY116

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る