学習院大学 大学案内2018
114/148

 高校までに習った英語を基礎とし、多様で学術的な文章を深く理解できる力と、論理的に説明する文章力とを養い、2年生からはじめる英語で講義する社会科学の授業や、将来のキャリアで役立てるための土台となる英語力を養います。 初めは、学術的な文章を書くために必要となる英文の構成や形式についてを学び、次にテーマを設定し、自分で調べて、根拠に基づいた論理的な短い論文を繰り返し書きます。また、ほかの学生と作成した文章を添削し、批判しあうことで論理性や客観性を高めることを目指します。 大学での貴重な4年間を「なんとなく国際人」になるために費やすのではなく、「ビジネスの第一線で活躍できる国際人」として羽ばたいてほしい。そんな願いのもと、国際社会科学部では、英語と専門知識のレベルを段階的に引き上げることにより、国際社会の現場で役立つコミュニケーション力と課題解決力を育みます。 マーケティング分野の入門科目で、さまざまな企業の経営管理・経営戦略やマーケティングの基礎を学びます。授業では企業の事例を取り上げ、教員からの質問に対して学生が回答する討議形式をとっています。例えば、ある授業では「星野リゾー卜」のリゾートホテル再生事業のマーケティング課題について、教室全体で議論を行いました。教員の一方的な講義ではなく、学生に発言を求め、参加型の授業とすることで、主体的に学ぶ姿勢を身につけます。授業紹介Course IntroductionAcademic Skills (英語)マーケティング(社会科学)入門演習(演習) 少人数で社会科学の考え方や基本的な方法論を実践的に学ぶ授業です。担当教員の指導のもと、3、4人のグループに分かれ、関心のある問題を設定して資料やデータを収集・検討し、議論を重ねてレポートを作成します。また、作成中のレポートについて口頭発表を行い、レポートの作成方法だけでなく発表の仕方についても学びます。学生の主体的な参加が求められます。GAKUSHUIN UNIVERSITY112

元のページ  ../index.html#114

このブックを見る