学習院大学 大学案内2018
106/148

上段:通年の科目または第1学期のみ開講の科目 下段:第2学期のみ開講の科目空きコマを有効活用して予習復習を。 1年次から履修することができる必修科目はすべて履修しました。数学科の必修科目のほかに、教員免許の獲得のために教職科目を履修しています。さらに両立が可能な範囲で、総合基礎科目も履修しています。授業数が多いので、空きコマを有効活用して予習復習に取り組んでいます。2年次の履修では、代数学に関心が強いので「代数入門」を学ぶのが楽しみです。また、1年次の「微分積分Ⅰ」で学んだことを生かして、「微分方程式」を選択してみたいと考えています。教え上手な先生方がわかるまで教えてくれる。 学習院大学で学んでよかったことは、先生たちが熱心にわかりやすく授業をしてくれることです。一般論として大学の先生は自分の研究はできても教えるのが上手ではないと言われることもありますが、学習院大学の先生たちは教育者としても一流だと思います。数学科の先生は自作のプリントを用いて授業を行ってくださるのですが、要点がまとまっていて非常に分かりやすいです。また先生に対する学生の人数が少ないため、個人的な質問もしやすく、わかるまで丁寧に教えてくださいます。数学科を志望したきっかけは何ですか?将来、数学の教師を志望していることから、数学の奥深くまで学びたいと考え、志望しました。学習院大学の数学科は、卒業生の進路に学校教員が多かったことも受験理由の一つです。数学科を志望したきっかけは何ですか?数学が一番好きで、公式や定理を当てはめるのではなく、なぜそうなるか納得するまで考えるようにしていました。もっと難しい問題を解きたい、もっと勉強したいと思い数学科を志望しました。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?わかりやすい授業ができる先生になりたいため、少しでも納得のいかないことに対しては、それが定理であっても「なぜだろう?」「どうしてだろう?」と常に考えることを意識しています。将来の目標は何ですか? そのために今取り組んでいることは?金融、保険、IT業界などにおける数理業務を行う職業に就きたいです。さまざまな分野で役立っている数学の力を使って、社会に貢献できる人間になりたいです。おすすめの授業は何ですか?「ルベーク積分」は、高校数学では積分できない関数を積分するために測度という理論を学びます。新たに数学の理論を作る雰囲気を、少しだけ感じとれる面白い科目でした。おすすめの授業は何ですか?少人数のゼミ形式で行われる「数学基礎セミナー」は、高校数学から大学数学への橋渡しのための授業です。理解が難しい部分をほぐして解説してくれるほか、何でも質問できる環境が魅力です。山本奈々 YAMAMOTO, Nana理学部数学科1年 東京都・私立日本大学鶴ヶ丘高等学校 出身1 rst-year 年3富松瑛太 TOMIMATSU, Eita理学部数学科3年千葉県・県立柏の葉高等学校 出身 third-year 年 my curriculum my curriculum Mon12345TueWedThuFriSat 微分積分I ドイツ語C 教育課程論A 日本国憲法C 初等情報処理I 初等情報処理II 科学の考え方 ドイツ語B 線形代数I演習 線形代数II演習 教育制度A 集合と論理 英語R 微分積分I 教育心理学B 微分積分II 線形代数I 線形代数II 英語C 微分積分I演習 微分積分II演習 線形代数II 数学基礎セミナー 教育基礎C 教職概論C スポーツ・健康化学I (バトミントン) 宗教と現在 Mon12345TueWedThuFriSat ルベーク積分 位相空間 多様体 ルベーク積分 関数解析 ルベーク積分演習 確率I 確率II 複素関数論 位相幾何入門 曲線と曲面 代数I 代数II 曲線と曲面演習 解析学1 代数I演習 計算機I 位相空間演習 論講1 微分方程式 GAKUSHUIN UNIVERSITY104

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る