奈良教育大学 大学案内2019
57/64

五條市立野原小学校勤務久保 桃花さん(国語教育専修平成29年3月卒業) 私は今「教師になる」という夢を叶え、2年生の担任として日々子どもたちと過ごしています。それまで思い描いていた教師の仕事というのはほんの一部で、自分が今までに子どもとして出会った憧れの「先生」がいかに素晴らしい先生方だったかということを感じずにはいられない毎日です。しかし、大変なことや辛いこともあれば、働く中でやりがいも多く感じられます。子どもたちは、教師の期待に応えてくれるのです。教師が教材を作り、授業を考えることに時間をかけた分だけ、子どもは意欲的に楽しくいきいきと学びに向かいます。一人一人と向き合って話し合った分だけ、子どもは教師を信頼し、行動や発する言葉も変わります。こうした数多くの喜びや成長に出会うことができるのは、教師という仕事の特権です。子どもの姿から、自分自身も常に学び続ける・変わり続けることをモットーとして日々教師としてのやりがいを感じています。奈良教育大学では、毎日の授業・教育実習等はもちろん、特に教員採用試験に向けての対策で丁寧なご指導をいただきました。キャリアサロンの先生方との面接練習では、例年の傾向をもとに実践的な対策をしていただいたおかげで、試験当日も落ち着いて面接に臨むことができました。なにより、共に試験を受ける仲間たちとの高め合いや励まし合いがあったからこそ、プレッシャーや不安に負けることなく最後まで努力を続けられました。これこそが自分の夢を叶えられた決め手だと考えています。大学は、自分のやりたいことを実現させるための場所です。4年間で様々な人と関わり、多様な経験を通して、自分の人生を豊かで実りあるものにしてください。奈良教育大学は、教師に必要な専門的知識を学ぶ授業が豊富で、教職支援のサポートも手厚いです。私自身、教員になるか迷っていた時期もありましたが、奈良教育大学で「教師を目指す仲間たち」に出会えたことで、自分の夢に向かう気持ちを確かなものにすることができました。たくさんの人と関わり、充実した大学生活を送ってください。五條市立五條市立野原小学校勤務久保 桃花さん(国語教育専修私はと過ご一部でらしい先大変などもたちどもたちMe s sage-1香芝市立真美ケ丘東小学校勤務仲 孝昌さん(社会科教育専修平成29年3月卒業)自分の人生を豊かで実りあるものにしてくだ香芝市立香芝市立真美ケ丘東小学校勤務仲 孝昌昌昌さん(社会科教育専修(社会科教育専修Me s sage-2「教師のやりがいを感じて」 教師になることは長年の夢でした。私は、その夢をかなえるために奈良教育大学に入りました。そして、大学生活の4年間、いろんなことを学びました。教科指導、生徒指導、教育課題、心理学など、それぞれの専門家である教授の話だけではなく、学校現場で働いていた先生方の現場で培った経験を聞くことができました。働き始めてから学んだことが生きているなと実感しています。また、学ぶだけでなく様々な経験もしました。アルバイト、ボランティア、サークル、国際交流、また、大学が定期的に開催しているイベントやセミナーにも参加し、4年間で多くの思い出と友達ができました。その経験を採用試験の面接や討論にも生かすことができ、本当に充実した4年間でした。 私は今、小学校4年生の担任をしています。授業だけでなく学校行事や保護者対応などいろんなことをしなければなりません。授業がうまくいかないことや子どものトラブルも日常茶飯事です。でも、子どもが「わかった!」と言ったときや、子どもの笑顔を見ているときに何とも言えない大きな喜びとやりがいを感じます。 学長先生の「『いい先生』になりなさい。ただ先生になるだけなら免許をとるだけでいい。でも、『いい先生』になるには、自ら学び、経験を積まなければいけない。」という話がずっと心に残っています。奈良教育大学は「いい先生」になるサポートをしてくれます。私はこの大学で学んだこと、経験したことを生かしてこれからも学び続けていきたいと思います。「『いい先生』になりなさい。」後輩に一言同じ夢を持つ友達、先生方、教育大でしかできないこと、いい先生になるための機会も環境もそろっています。それをつかむかどうかはあなた次第です。無駄にしていい日は一日もありません。がんばってください。後輩に一言 Nara University of Education 2019 │ 55

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る