奈良教育大学 大学案内2019
53/64

大学院教育学研究科(修士課程/専門職学位課程)の目的と特色 奈良教育大学では、学部での教員養成だけでなく、大学院における、より広く高い水準の専門性を有し、高度な教育実践力を備えた、リーダーシップを発揮できる教育者の養成を行っています。本学の教育学研究科には修士課程と専門職学位課程(教職大学院)の二つの課程が設置されています。〈用語解説〉教職大学院:実践的な指導力を身に付けた新人教員や学校運営の中核を担うスクールリーダーの養成を目的とする大学院。学位 所定の専攻において定められた単位(30単位以上)を修得し、修士論文の審査及び最終試験に合格した場合、奈良教育大学大学院教育学研究科を修了したものと認定され、修士(教育学)の学位が与えられます。教員免許状 教員免許状(一種)を有する者は、本研究科において教育職員免許法に定める所定の単位を修得することによって、各専攻に関わる専修免許状を取得することができます。学部授業科目の履修 大学院生は、規程に基づき、学部の授業科目を1学期に4科目8単位以内で履修することができます。なお、一定の条件を満たせば教育実習等の授業科目を履修することも可能です。修了後の進路 教育における高度な専門性を備えた教員として、教職に就く者が多数を占めます。その他、さらに研究を進めるために他大学の博士課程等に進学する者、企業就職・公務員就職等の道を進む者などがいます。学位 本課程で所定の単位(45単位以上)を修得し、作成・発表された学位研究報告書の質的レベルが十分な基準に達していると判断されたとき、奈良教育大学大学院教育学研究科を修了したものと認定され、教職修士(専門職)の学位が与えられます。育成される資質能力(1)専門的な知識を基に、「実践できる」力(2)常に自らの実践を振り返り、よりよい実践を構想する力(3)教員として学び続けていくことのできる力という、3つの力の養成を目標としています。特色 大学院生が入学時に決めた課題の解決に向けて、大学と連携協力校がチームを組み、複数の教員で指導に当たります。したがって、大学内での講義のほかに、連携協力校など大学外で学ぶ機会が多くなります。教員免許状 現在取得している教員免許状(一種)を基礎に、幼稚園、小学校、中学校(各教科)、高等学校(各教科)、特別支援学校の専修免許状を取得することができます。小学校教諭一種免許状又は特別支援学校教諭一種免許状を有していない学生を対象に「教員免許取得プログラム」も開設されています。ただし、教員免許取得プログラムでは、修学期間に応じた授業料が必要です。修士課程専門職学位課程(教職大学院) Nara University of Education 2019 │ 51

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る