奈良教育大学 大学案内2019
46/64

学校教育教員養成課程教育発達専攻教科教育専攻伝統文化教育専攻課程専攻専修・履修分野卒業要件教員免許状教育実習予定校教育学専修心理学専修幼年教育専修特別支援教育専修小学校一種小学校一種幼稚園一種特別支援学校一種 及び小学校一種・中学校一種のいずれかひとつを選択附属小学校(3回生)附属小学校(3回生)附属幼稚園(3回生)協力校(特別支援学校)(3回生)附属小学校(3回生)又は附属中学校(3回生)書道教育専修文化遺産教育専修協力校(高等学校)(3回生)協力校(中学校)(3回生)高等学校一種(書道)中学校一種(理科)・中学校一種(美術)のいずれかひとつを選択国語教育専修社会科教育専修数学教育専修理科教育専修音楽教育専修美術教育専修保健体育専修家庭科教育専修国語教育専修社会科教育専修数学教育専修理科教育専修音楽教育専修美術教育専修保健体育専修家庭科教育専修技術教育専修英語教育専修初等教育履修分野中等教育履修分野小学校一種中学校一種(専修の教科)附属小学校(3回生)附属中学校(3回生)教育実習の標準的な実施方法(備考)1.専修ごとの入学者数によって、教育実習校(附属学校、協力校)については実習先を変更する場合があります。2.伝統文化教育専攻の教育実習校は、協力校を原則としており、所属学生が協力校(出身学校等)の内諾を得て、実習を実施することとなります。3.卒業要件教員免許状以外の教員免許状の取得に係り他校種の教育実習が必要となる場合は、原則として、免許取得希望者が協力校(出身学校等)の内諾を得て、実習を実施することとなります。 教員免許状取得のために必要な教育実習は、教員になるための貴重な実践経験をふまえて、教員についての総合的な認識と力量等を身につけるため、卒業要件に係る教員免許状の種別ごとに下記を標準として行われます。 教育実習に参加するためには、実習前の事前指導を受講する必要があり、また、教育実習後には事後指導も行われます。 なお、小学校または中学校の免許状を取得する場合は、2回生で7日間の 「介護等体験」 が義務づけられています。44 │ Nara University of Education 2019

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る