奈良教育大学 大学案内2019
29/64

在学生の声・前田 則子教授/器楽 ピアノ演奏法、伴奏法、及びピアノ教育、ソルフェージュ教育の研究・北條 美香代准教授/作曲 作曲法、編曲法、管弦楽法、及び創作指導法研究・劉 麟玉准教授/音楽科教育 音楽科教育法、音楽教育史、 民族音楽学、音楽社会学についての研究・水野 亜歴専任講師/声楽 声楽(オペラ、独唱・重唱、合唱)における発声法と表現方法及び指導法の研究主な開講科目声楽Ⅰ/音楽理論/ピアノⅠ/ソルフェージュ/管楽器Ⅰ/指揮法Ⅱ日本音楽実習Ⅰ/作曲・編曲理論/オペラⅡ/演奏実習Ⅰ/伴奏法/合唱Ⅰ/中等教科教育法Ⅰ~Ⅳ(音楽)取得できる免許状・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(音楽) 等(P.6,7「取得できる免許状・資格」のページ参照)卒業後の主な進路 毎年、卒業生の8~9割が小学校教諭に採用されています(期限付き講師などを含む)。学級担任や音楽専科として、毎日子どもたちに囲まれて、元気に活躍中です。その他に、中学校教諭、企業に就職、大学院に進学する人もいます。音楽教育専修の授業スケジュールMy MScheduleSS 長唄三味線演奏を通して日本音楽について学びます。日本音楽実習Ⅰ ピアノの演奏技術、表現方法を学びます。演奏法Ⅱ(器楽) 声楽の演奏技術、表現方法を学びます。演奏法Ⅰ(声楽) リコーダーや教育楽器のアンサンブルによって合奏の面白さを学びます。合奏Ⅰ音楽教育専修では、子どもたちが意欲的に音楽活動に取り組み、尚且つ学びへと繋がるような授業を展開することを目指し、ピアノや声楽、作曲編曲法、指揮法、ソルフェージュなどの専門性を高めつつ教育力を培うカリキュラムが組まれています。 また、互いに切磋琢磨できる仲間や丁寧に指導して下さる先生方とともに学びを深めることができます。そんな仲間や先生方と作り上げていく定期的演奏会や学生オペラは感動や達成感を味わうことができます。音楽科では、これらのことを通して、音楽性だけでなく人間的にも成長できることが最大の魅力です。Student’sSSVoiceVV音楽教育専修4回生村田 花菜子さん(奈良県立橿原高等学校出身)「音楽を通して仲間と繋がり、専門性や教師力を高めることができます。」音楽を通して子どもたちを成長させるため、豊かな感性、実技、理論、教育実践力を持った教師を育てます。MON【3回生前期の一例】TUEWEDTHUFRI1・2時限3・4時限5・6時限7・8時限9・10時限 教育実習・事前指導日本音楽史作曲・編曲理論演奏法Ⅱ(器楽)中等教科教育法Ⅲ(音楽)管楽器Ⅰ<木管>生徒指導・教育相談Ⅱ合奏Ⅰ伴奏法日本音楽実習Ⅰ合唱Ⅲ教員および専門分野(平成30年5月1日現在)演奏法Ⅰ(声楽) Nara University of Education 2019 │ 27

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る