奈良教育大学 大学案内2019
27/64

身の回りの自然や自然現象を深く学び、自然科学と教育についての幅広い教養と高い専門性を身につけた教育のプロを育てます。在学生の声・石井 俊行教授/理科教育学 子どもたちの科学概念の構築を 阻害する要因の究明・森本 弘一教授/理科教育学 科学的素養を高める 理科教材の開発・信川 正順准教授/地学 X線天文学・藤井 智康教授/地学 湖沼・沿岸海洋の環境動態・和田 穣隆教授/地学 火山地質学、紀伊半島の 中期中新世火山活動・石田 正樹教授/生物学 原生動物を用いた細胞生物学・鳥居 春己特任教授/生物学 野生動物の管理と被害防除・辻野 亮准教授/生物学 森林の生態学、人と自然のかかわり・松井 淳教授/生物学 木本の繁殖生態、湿原の保全生物学・梶原 篤教授/化学 新しい物質を作り出す科学・山崎 祥子教授/化学 新しい有機合成法の開発研究・片岡 佐知子特任准教授/物理学 高エネルギー物理学・常田 琢准教授/物理学 ナノスケール構造物の創製と物性測定・中村 元彦教授/物理学 物理を中心とした科学教育と 強相関系固体物理学・松山 豊樹教授/物理学 素粒子論、初期宇宙論 および数理科学全域主な開講科目理科教育概論/理科教育演習Ⅰ・Ⅱ/量子力学の世界力学の世界/分析化学/有機化学/植物生態学細胞生物学/地質学/水圏科学/野外実習各科目(物理・化学・生物・地学)の実験取得できる免許状・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(理科) 等(P.6,7「取得できる免許状・資格」のページ参照)卒業後の主な進路 小学校教員と中学校教員が主な進路です。そのほか、大学院進学や企業など、活躍の場は幅広くあります。理科教育専修の授業スケジュールy MScheduleSS理科教育専修では先生になるための教職の知識や技術を身につけることに加え、理科の知識や技術を身につけることができます。1回生から物理・化学・生物・地学の概論や実験があり、高校までにあまり馴染みがなかった分野もそれまで習ってきた分野も基礎からしっかり学べます。また、自分が学んだことを教育の現場でどう活用できるのか、自分の知識と教育とを結びつけていくこともしていきます。理科教育専修は中学、高校の理科の先生を目指す人や他の校種の先生を目指して理科を深く学びたい人にとてもよい環境が整っていると思います。ぜひ、理科教育専修で一緒に学んでいきましょう。Student’sSSVoiceVV理科教育専修3回生髙見 寧々さん(大阪府立富田林高等学校出身)「教職の知識と理科の知識の両方を学びます」 小学校理科授業に必要な実験・観察や発問等を学ぶ授業です。物理・化学・生物・地学の専門の教員によるきめ細かな指導が行われます。初等教科教育法(理科) 様々な問題を解き、問題の出題された背景や意図を読み取り、学生相互による解答の解説を行うことにより、他者へ伝える技術や方法について学びます。また、授業に使える簡易な教具を作成し、その指導法も学びます。理科教育演習Ⅰ教員および専門分野(平成30年5月1日現在)MONTUEWEDTHU集中講義看護学Ⅰ看護学Ⅱ精神保健臨海実習FRI1・2時限3・4時限5・6時限7・8時限9・10時限【2回生前期の一例】教育方法メディア解剖生理学初等教科教育法(生活)先端科学の基礎概念教育社会学物理学概論Ⅰ体育実技Ⅱ学校保健初等教科教育法(国語)初等教科教育法(社会)化学概論Ⅰ外国語コミュニケーション初等教科教育法(理科)地学実験初等教科教育法(算数) Nara University of Education 2019 │ 25

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る