奈良教育大学 大学案内2019
25/64

深い数学の背景を踏まえた、算数・数学に関する指導力に優れる人間性豊かな教員を養成することを目指します。在学生の声・伊藤 直治教授/応用数学 応用数理学・数理工学 システム制御理論の研究・川﨑 謙一郎教授/代数 可換代数学 ベクトル空間の拡張 である加群の構造に関する研究・近藤 裕教授/数学科教育 数学教育学 算数・数学の 授業改善に関する研究・高木 祥司教授/確率・統計 数理統計学 推定・検定における 漸近最適性理論の研究・高橋 亮准教授/解析 偏微分方程式論 特異性が発現す る偏微分方程式に関する研究・舟橋 友香准教授/数学科教育 数学教育学 算数・数学科授業に 関する国際比較研究取得できる免許状・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(数学) 等(P.6,7「取得できる免許状・資格」のページ参照)卒業後の主な進路 中学校・高等学校教諭(数学)と小学校教諭が主な進路です。常勤講師、非常勤講師も合わせると、教員志望卒業生のほぼ100%が、各都道府県の公立・私立の教員となり、現在活躍しています。本学には大学院があり、学部卒業生も進学しています。そこでは、高度な専門職としての教員を目指して、学部の教育内容をさらに推し進め、自分のテーマを持って研究してゆくことになります。数学教育専修の授業スケジュールMy MScheduleSS先輩方、先生と一緒に数学または数学教育について学びます。様々な考えを交流でき、とても深い学びができます。算数・数学教育実践演習Ⅰ学生同士で、中学数学または高校数学の一部の模擬授業を行い、授業研究をします。授業をする際はもちろん、他の学生の模擬授業を見て学ぶこともできます。中等教科教育法Ⅳ(数学)数学教育専修では、大学で初めて学ぶような内容から、高校まで何気なく使ってきた四則演算や公式の成り立ち等の基礎的なことまで幅広く学びます。これらのような専門的知識はもちろん、子供達が理解しやすいような授業・板書を考えることも教師にとって大切なことです。数学教育専修には、2回生時に算数・数学教室という本専修ならではの行事があります。この行事は、地域の小中学生に大学へ来てもらい、自分達が授業をするというもので、企画・運営も行います。実際に小中学生に授業をするのでとても良い体験になります。本専修は、これらの行事を通じて皆が団結し、共に学び協力し合えるとても良い環境です。皆さんも私達と一緒に教師を目指しませんか。Student’sSSVoiceVV数学教育専修4回生上西 竣さん(京都府立南陽高等学校出身)「数学を「学ぶ」から「教える」へ」MON【3回生前期の一例】TUEWEDTHUFRI1・2時限3・4時限5・6時限7・8時限9・10時限教育実習・事前指導集中講義算数・数学教育実践演習Ⅰ学校支援実践中等教科教育法Ⅲ(数学)教育実習・事前指導コンピュータネットワーク生徒指導・教育相談Ⅱ(中等)中等教科教育法Ⅳ(数学)学校経営と学校図書館フーリエ解析教員および専門分野(平成30年5月1日現在) Nara University of Education 2019 │ 23

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る