奈良教育大学 大学案内2019
24/64

数学の内容とともに、その指導法を学びます主な開講科目線形代数/微分積分数理プログラミング情報数理基礎数理統計Ⅰ/図形と位相初等教科教育法(算数)算数・数学教育実践演習Ⅰ・Ⅱ中等教科教育法Ⅲ・Ⅳ(数学)算数・数学教育実践演習Ⅲ・Ⅳフーリエ解析コンピュータと数学 数学は一般には難解な教科と思われがちですが、自然現象や社会現象のいろいろな法則を知るために欠かせない教科で、日常や社会生活に必要な学びがあり、理解できればこんなに楽しく明快なものはありません。 数学教育専修では、大学4年間で人類が培ってきた数学の体系の一端に触れるとともに、数学の内容及びその指導法について学びます。学習を通して、数学的な見方や考え方を身に付け、教育についての自らの理想を高め、指導力に優れた教員を目指しましょう。常に考える姿勢で取り組みます 数学教育専修を希望する学生には、数学を含め、いろいろな分野に興味・関心を持ち、客観的に物事を捉えることができる能力を備えていること、また、他人のよさがわかる豊かな人間性を備えていることを希望します。昨今、学力低下が叫ばれていますが、まず学校の先生が自ら学ぶ姿勢を児童・生徒に示していくことが大切です。数学を理解するには、何度もチャレンジする姿勢が必要です。常に考え続ける姿勢で取り組みましょう。数学研究会(学生の組織) 学生の組織として、数学教育講座には数学研究会があります。主な活動としては、半世紀以上にわたり続けてきた夏の算数・数学教室があります。カリキュラム外の活動ですが、活動を通して算数・数学を学ぶことのよさを共有し合うとともに、一つの目的に向かって計画的・組織的に教育活動を展開していくことの大切さを学びます。各分野をバランスよく学びます 算数・数学の内容を通して児童生徒を育てていく数学教育、文字や記号を使って数の関係や性質を学ぶ代数学、物の形や大きさ・位置など空間に関する性質を研究する幾何学、高校で学んだ微分や積分をさらに進める解析学、数学の世界にコンピュータを活用するプログラミング、確率・統計をさらに深める分野などがあります。学びのポイント学びの領域幾何学 確率論・統計学 算数・数学科教育応用数学(コンピュータ関連)代数学解析学22 │ Nara University of Education 2019

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る