奈良教育大学 大学案内2019
21/64

日本語による豊かな言語文化を背景に、児童・生徒の日本語運用能力を高めることのできる教師を育てます。在学生の声・棚橋 尚子教授/国語科教育 漢字指導論・「読むこと」の教育に かかわる研究・前田 広幸教授/日本語学 日本語の音声・音韻の歴史的推移 や地域的変異についての研究・有馬 義貴准教授/古典文学 「源氏物語」などの物語文学・ 古典教育の研究・日高 佳紀教授/近代文学 日本の近代文学をめぐる雑誌・ 新聞等メディアや読者の研究・橋本 昭典教授/漢文学 孔子、老子、荘子など諸子 百家を中心とする中国古代 思想の研究主な開講科目 初等教科教育法(国語)/日本文学概説Ⅱ/日本語学概説Ⅱ/日本文学史Ⅰ中等教科教育法Ⅱ(国語)/近代文学研究/漢文学研究/古典文学演習Ⅰ国語科教育学演習Ⅱ/国語(書写を含む。)/近代文学演習Ⅰ/日本語学研究Ⅰ取得できる免許状・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(国語) 等(P.6,7「取得できる免許状・資格」のページ参照)卒業後の主な進路 近年はおおむね卒業生のうち約70%が、小学校、中学校の教員(養護教諭を含む)として就職しています。他に、公務員および一般企業に就職する卒業生が約20%、大学院進学者が約10%となります。国語教育専修の授業スケジュールy MScheduleSS 日本語学の基礎について学び、国語科教材の作成について考えることができます。日本語学研究Ⅰ 国語科教育の内容や方法を学び、今日の国語科教育における教材開発の観点や方法について考える授業です。国語科教育学研究Ⅰ 国語科教育の基礎理論を学び、卒業論文に必要な研究発表能力を身につけるゼミ形式の授業です。国語科教育学演習Ⅰ 中学校の国語科教員として求められる基礎的知識や技能を学ぶ授業です。中等教科教育法Ⅰ(国語)国語教育専修では様々な授業を通して、国語に対する知識や理解を深めることができます。教育の分野に関する国語科教育学はもちろん、近代文学・古典文学・漢文学・日本語学などの専門性も高められます。ゼミの授業では、自分の好きな分野の勉強ができ、やりがいがあります。また、先生方との距離も近く、わからないことや悩みなどの相談にも親身になって乗ってくださいます。学生同士の関係も、同学年の仲間だけではなく先輩や後輩とのつながりも強いため、学年を問わず共に学び合える環境です。ぜひ、国語教育専修で私たちと一緒に充実した大学生活を送りましょう。Student’sSSVoiceVV国語教育専修4回生駒田 鈴乃さん(奈良市立一条高等学校出身)「古都奈良で国語を学ぶ」【3回生前期の一例】MONTUEWEDTHU集中講義学習指導と学校図書館FRI1・2時限3・4時限5・6時限7・8時限9・10時限学校経営と学校図書漢文学演習Ⅰ教育実習事前指導初等教科実践指導教育実習事前指導学校経営と学校図書館教育方法・メディアBゼミ中等教科教育法Ⅰ(国語)書道(書写を中心とする。)生徒指導(進路指導を含む。)・教育相談ⅠB教員および専門分野(平成30年5月1日現在) Nara University of Education 2019 │ 19

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る