埼玉工業大学 大学案内2020
41/116

機械工学科生命環境化学科情報システム学科情報社会学科心理学科有機化合物の生産に欠かせない金属触媒について、様々な材料と条件下での実験を繰り返し、新たな可能性の探求を行っています。合成化学研究室[岩崎 政和 教授]新しい光機能材料の創製を目指して、分子集合体の設計、材料特性解析およびデバイス作製と評価と一貫した研究を展開しています。光材料化学研究室[木下 基 准教授]資源の枯渇や環境汚染問題に着目し、材料化学をベースとしたアプローチによる問題解決を目指しています。環境材料化学研究室[本郷 照久 准教授]世の中になかった物質を創製できる唯一の学問である化学。物質の本質を分子・原子レベルで理解し、展開して材料とする研究を行います。物質化学研究室[田中 睦生 教授]新規炭素触媒の創製や非金属炭素触媒を電極に適用した水素-酸素燃料電池など、実社会への還元を強く志向した研究開発を進めています。環境計測化学研究室[松浦 宏昭 准教授]応用化学専攻 研究室一覧※詳細は別冊「研究室ガイド2019」をご参照ください。研究室はどちらの専攻であっても学科内から選択することができます。応用化学専攻マイクロ・ナノ化学研究室 マイクロは1ミリの1,000分の1、ナノはそのさらに1,000分の1。物質はこれくらい極微な大きさの構造になると性質が変わります。例えば、金は人間の体に付着しても害はありませんが、小さくなると触媒となり、様々な働きをします。この研究室では、こうした特性を利用して新材料をつくり、化学物質などを検知するセンサの研究に取り組んでいます。具体的には、水中の有害重金属を高い感度で検出するもの、ごく薄い濃度の有毒ガスを検出できるものなど、環境汚染や健康被害を防ぐことを目指したセンサデバイスや環境分析法の開発を進めています。このほか、ニッケルと銅の合金ナノ粒子を埋め込んだカーボン電極を開発し、腸疾患の診断に用いられる糖類の検出に応用するなど、多岐にわたる研究を行っています。微小な世界から開拓する新しい化学九州大学大学院工学研究科応用化学専攻修了。工学博士。日本電信電話株式会社(NTT)研究所、産業技術総合研究所を経て2015年先端科学研究所(教授)として着任。最新の装置や設備を活用した研究を展開。電気分析化学、バイオセンサ、材料など、様々な分野を横断した研究が可能なので、卒業後の進路の選択肢も広がります。丹羽 修 教授39

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る