埼玉工業大学 大学案内2020
18/116

学部・学科INDEX工学部人間社会学部学 部学 科機械工学科機械工学専攻ロボット・スマート機械専攻バイオ・環境科学専攻応用化学専攻IT専攻経営システム専攻臨床心理専攻AI専攻メディア文化専攻ビジネス心理専攻電気電子専攻生命環境化学科情報システム学科Diploma Policy 学位授与の方針Curriculum Policy 教育課程編成・実施の方針情報社会学科心理学科専 攻概 要機械工学の4大力学を中心に、ものづくりに必要な幅広い知識と応用力を修得。現代の暮らしを形づくる工業技術を身につけます。今後さらに活躍分野の広がるロボット。ハードとソフトの両面から機械工学を学び、未来のものづくりに貢献できる力を修得します。社会課題である環境問題やバイオテクノロジーなど、社会のニーズに対応する知識と技術を学びます。人々の暮らしに深く関わる化学分野。先端材料・食品・医薬品・エネルギー・環境など、幅広い分野へとつながる知識を学びます。インターネットやスマートフォン、CGなど身の回りのIT技術を学習。進化の続く情報化社会の中で活躍できる技術を身につけます。経営を取り巻く情報・法律・経済・会計・財務などの分野の基礎知識を修得し、それらの体系的な知識を実際の社会事象に応用します。基礎心理学と臨床心理学を学ぶと共に、実習や演習などの実践を通して、心理学のスペシャリストとしての知識と技法を修得します。2019年度に設置した新たな専攻。注目を集めるAIを深く学び、これからの産業を牽引する人材を育成します。情報機器を活用してCGやデジタル音楽を中心に自らの力でコンテンツの制作・発信することのできる「創造的表現力」を高めます。基礎心理学と臨床心理学の2分野と共に社会科学を学び、一般社会、企業などで心理学を生かす力を身につけます。埼玉工業大学は、学生が本学における学修と経験を通じて次の能力を身に付けて、所定の単位を修得したときに学士の学位を授与します。❶ 文化、社会と自然に関する幅広い知識とともに、特定の専門分野に関する 知識や技術を体系的に理解する力❷ 社会にある様々な課題を探求し解決していくのに必要な、論理的思考力、 批判的判断力、創造的表現力❸ 高い倫理観及び責任感を持ち、多様な人とコミュニケーションをもとに、 協調・協働して行動する力埼玉工業大学では、学位授与の方針で示す能力を学生が身に付けることができるように、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。❶ 入学後の学習が主体的に行え、かつ学習動機が明確化できるよう、初年次教育を充実します。❷ 社会の中核となり得る教養豊かな人間を育成するため、教養科目、外国語科目、共通科目と 専攻分野の知識や技能を身に付ける専門科目との融合を図ります。❸ 自律しつつ他者と協働して課題を解決する力を形成するために、対話型・参加型教育の展開に努めるとともに、課外活動でもこのような能力が形成されるよう、多様な機会を提供します。❹ 教育課程の点検・評価を継続的かつ組織的に行い、体系的な編成・実施に努めます。電力・エネルギーから、半導体や物性、回路や通信技術、プログラミング、信号処理・数理解析など多彩な知識を学ぶことができます。2020年4月名称変更NEW16

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る