埼玉工業大学 大学案内2020
105/116

情報発信・安否確認通信環境 学内LANグループ担任制保健室充実したPC環境通信環境 セキュリティ安心保障住まい選びケガや急病だけでなく日々の健康も見守る存在に大学生活のスタートこそ一人ひとりに丁寧に学内の建物間を1Gbpsの高速光ファイバーで接続携帯電話で災害時の安全確認情報を集約誰でも気軽に利用できるパソコンを完備高度な認証システムによるセキュリティ強化万が一の場面でも2つの保険で安心の体制生活スタイルに合わせて最適な住まいを紹介キャンパス内でけがや急病になった場合に備え、保健室も用意。保健室では応急処置を行うこともでき、必要に応じて医療機関の紹介も行っています。さらには日常の健康・栄養相談にも応じるなど普段から学生の健康維持管理をサポートしています。情報基盤センターを中心に、学内を1Gbpsの高速光ファイバーで接続、サーバを設置して情報支援に活用しています。また、学内各所に設置された無線LANアクセスポイントを利用して、ノートPCやスマホなどの携帯端末からインターネット接続することが可能です。一人ひとりの学生に目が行き届く丁寧な指導を行っています。1年次は学生8~10名に対し、教員・職員各1人が担任、副担任として付くグループ担任制を実施。履修の指導や勉強・生活面などの悩みに応える相談役としての立場も担っています。地震などの非常事態が発生した際、学生・保護者の双方の安否を確認できるよう、情報発信・安否確認サービスを導入しています。災害発生時、学生・保護者のメールアドレスに安否確認のメールを送信、その返信による安否状況を集約します。学生課では大学近辺にひとり暮らしをする学生のために、提携する不動産会社や家主を紹介し、契約時の入居費や月々の部屋代が割安な物件を案内しています。※詳細はP.98-.99をご覧ください。PCをウイルスから保護するために、高度な認証システムを導入。LAN接続中のユーザーと端末をパスワードで完全に管理・保護しています。さらに専用のウイルスチェックサーバを設けてセキュリティを強化。安全にネットワークを利用できます。学生は全員、大学側の全額負担による学生教育研究災害傷害保険と賠償責任保険(日本国際教育支援協会)に加入。学内外の不慮の事故における傷害・災害・賠償責任に対して見舞金が給付されます。相手方に与えた損害についても補償されます。学内には、学生が自習やレポート作成、卒業研究などに自由に利用できるパソコンと出力環境が整っています。さらに講義では、大型スクリーンやサブモニタが活用され、教示内容を表示させることで、講義内容を理解しやすくする工夫が施されています。厚生施設アクアパラダイス・パティオ学生同士の交流などに使用する目的で、割引料金で自由に利用できる施設と契約しています。[宿泊施設][プール]● ニュー・グリーンピア津南(新潟)● 苗場スプリングスホテル(新潟)● 湯沢ニューオータニ(新潟)● 草津温泉ホテルヴィレッジ(群馬)● アゼィリア飯綱(長野)● 裏磐梯ライジングサンホテル(福島)● 富士箱根ランド(静岡)● みなかみホテルジュラク(群馬)● アクアパラダイス・パティオ(埼玉県深谷市)オッケー!103

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る