國學院大學 大学案内2017
92/142

「教職の國學院」が新しい時代のスペシャリストを育成 國學院大學は、創立当初から「人づくり」に定評がありました。それが「教職の國學院」と呼ばれるゆえんでもあります。その伝統を引き継いで、平成25(2013)年4月に幼児教育・保育のプロを育成する本学科を開設しました。 人間開発学部は、「頑張ることを応援する」教員を養成することを目的として、「教職の國學院」の実績の下に開設されましたが、その教育理念を引き継いで設置されたのが子ども支援学科です。 子ども支援学科では、1年次から講義・演習・実習を段階的に積み重ね、現場ですぐに活躍できる実践力を養い、地域の子育てを総合的に支援できる、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を有した、新しい時代の幼児教育・保育のスペシャリストを育てます。1年次から現場を体感する「実習」体系 人間開発学部では、講義で学んだ理論を実践する「実習」を大切にしています。子ども支援学科においても1~4年次まで現場を体験するさまざまなプログラムを用意しています。 3年次から開講される、幼稚園での「教育実習」、保育所・施設での「保育実習(保育所)」「保育実習(施設)」は、幼稚園教諭一種免許と保育士資格の取得に必要な実習となります。これに先立って、2年次には「教育インターンシップ」を開講し、幼児教育・保育の実際を学ぶ機会を設け、より積極的に実習に取り組めるような環境を整えています。さらに、幼稚園・保育所からの要請などによって「教育ボランティア」として現場体験をすることができます。この他にも、人間開発学部で実施している「人間開発・花咲くプログラム」によって「絵本キャラバン」「ミュージックキャラバン」「たまプラーザ宇宙の学校」「鎮守の森 子ども・子育て支援」などの子育て支援活動にも参加することができます。三つの展開科目で自分の「得意」を追究 子育ての総合支援に必要とされる知識は膨大です。必須の知識を基幹科目で身に付けながら、展開科目を自由に組み合わせて、自分の得意分野を作ってください。Ⅰ類[子ども文化・環境]:子ども文化論/現代保育の課題と実践/歌唱とリズム/リトミック/伝統文化と生活論/子ども環境論 ほかⅡ類[健康・発達]:カウンセリング概論/発達臨床心理/人間形成の心理学/障害児の理解と指導/病児・病後児の保育 ほかⅢ類[地域・福祉]:子育て支援論/社会福祉/児童家庭福祉/相談援助/地域教育社会学/家庭支援論/子育て支援システム論 ほか学科の特色子ども支援学科人間開発学部|Faculty of Human Development幼児教育・保育の知識はもちろん、子どもの成長に関する医学・心理学的知識や、保護者に対するカウンセリングの技術、地域をまとめる指導力を備え、子育てに関する総合的な支援を行い、地域の子育てをリードする人材を育成します。1年次から講義・演習・実習を段階的に積み重ね、現場ですぐに活躍できる実践力を養います。入学定員:100人メインキャンパス:横浜たまプラーザ地域の子育てを総合的に支援する新時代の幼稚園教諭・保育士を育てます。090

元のページ 

page 92

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です