國學院大學 大学案内2017
8/142

明治15(1882)年國學院大學の母体「皇典講究所」創立。初代総裁は有栖川宮幟仁(たかひと)親王、場所は東京・麹町区飯田町(現・千代田区飯田橋)。9月1日、授業開始。11月4日、開校式。ここに本学は晴れの第一歩を記す。明治23(1890)年7月、「皇典講究所」を母体として、国史・国文・国法を攻究する教育機関「國學院」が誕生(本科3年・研究科2年)。「國學院」の名前が歴史上初めて登場する。明治37(1904)年4月、専門学校令により専門学校に昇格、「私立國學院」となる(大学部予科2年・本科3年)。明治39(1906)年6月、文部省告示により「私立國學院大學」と改称、大学組織となる。明治42(1909)年明治33年から始まった神職講習会を改め、神職養成部(神職教習科・神職講習科・祭式講習科)を開設。明 治大正 9(1920)年4月15日、大学令により大学に昇格。私立大学として最初に認可されたのは、本学の他に、慶應義塾・早稲田・明治・中央・日本・法政・同志社の7大学。大正12(1923)年学生数も増え、大規模な学園拡充計画を5年前から進め、5月には渋谷御料地(現在地)に新校舎が完成。6月、授業を開始。以後、昭和10年代にかけて本学は発展の一途をたどる。大 正昭和10(1935)年大講堂が竣功。昭和21(1946)年「皇典講究所」を解散し「財団法人國學院大學」を設立。他大学に先んじて男女共学制を採用。昭和23(1948)年新制文学部第一部を開設。昭和24(1949)年文学部第二部、政治学部第一部(次年度に政経学部と改称)を開設。昭和26(1951)年「学校法人國學院大學」となる。政経学部第二部を開設。大学院日本文学専攻・神道学専攻修士課程を開設。昭和27(1952)年大学院日本史学専攻修士課程を開設。「考古学資料室」を開設(昭和30年の文部省告示で博物館相当施設に指定される)。昭和28(1953)年大学院日本文学専攻・日本史学専攻博士課程を開設。昭和30(1955)年「國學院大學幼稚園教員養成所」を設立。「日本文化研究所」を創設。昭和33(1958)年神道学専攻科(高等神職養成課程)、大学院神道学専攻博士課程を開設。昭和37(1962)年神奈川運動場を開設、体育関係授業を開始。昭和38(1963)年創立80周年を記念して法学部第一部を開設。「神道学資料室」を開設。昭和40(1965)年法学部第二部を開設。「折口博士記念古代研究所」を設立。その後、「武田博士記念室」(41年)、「河野博士記念室」(45年)を開設。昭和41(1966)年政経学部を経済学部第一部・第二部に改める。昭和42(1967)年大学院法学研究科修士課程・博士課程、第二部神道学科を開設。昭和43(1968)年大学院経済学研究科修士課程を開設(45年に博士課程を開設)。昭和57(1982)年11月4日、高松宮宣仁親王殿下台臨のもと創立100周年記念式典を挙行。北海道滝川市に「國學院女子短期大学」を新設。昭和59(1984)年百周年記念館が竣功。神奈川運動場に新石川校舎を建設。昭和60(1985)年新石川校舎(現「横浜たまプラーザキャンパス」)完成、授業を開始。昭 和平成 3(1991)年「國學院女子短期大学」を、男女共学化により「國學院短期大学」に改称。平成 4(1992)年横浜たまプラーザキャンパスで、第一部全学部1・2年生全員を対象に授業を開始。平成 8(1996)年文学部第一部に日本文学科・中国文学科・外国語文化学科、経済学部第一部に経済ネットワーキング学科、同第二部に産業消費情報学科を開設。平成13(2001)年法学部と経済学部がフレックス開講制に移行。平成14(2002)年11月4日、寛仁親王殿下台臨のもと創立120周年記念式典を挙行。神道文化学部を開設(フレックス開講制)。21世紀COEプログラムに「神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成」が採択される。平成15(2003)年2月、120周年記念1号館が竣功。平成16(2004)年「法科大学院」を開設。7月、120周年記念2号館が竣功。平成17(2005)年経済学部に経営学科を開設。経済学部および中国文学科・外国語文化学科・哲学科は7時限制に、日本文学科と史学科がフレックス開講制に移行。平成18(2006)年5月、若木タワー(地上18階、地下1階)が竣功。平成19(2007)年創立125周年。4月、「研究開発推進機構」が発足。平成20(2008)年3月、学術メディアセンター棟(地上6階、地下2階)が竣功。4月、法学部が7時限制に移行。平成21(2009)年4月、横浜たまプラーザキャンパスに人間開発学部を開設。「教育開発推進機構」が発足。「國學院短期大学」を「國學院大學北海道短期大学部」に改称。9月、3号館が竣功。平成23(2011)年日本文学科が7時限制に移行。平 成昭和50(1975)年「考古学資料室」を「考古学資料館」と改称。渋谷校舎(大正時代)皇典講究所飯田町校舎(明治末期)渋谷校舎全景(昭和10年代)國學院大學創立130周年記念式典(平成24年11月)武田祐吉博士の授業風景(昭和32年)平成24(2012)年教職センターが発足。11月4日、創立130周年記念式典を挙行。平成25(2013)年人間開発学部に子ども支援学科を開設。史学科が7時限制に移行。平成26(2014)年LLC YOKOHAMA OFFICE 開設。ボランティアステーション開設。平成27(2015)年4月、130周年記念5号館(地上3階、地下1階)が竣功。國學院大學134年の歩みHistory006

元のページ 

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です