國學院大學 大学案内2017
76/142

64以上経済学部/経済学科必修科目選択必修科目選択必修科目コース別選択必修科目自由科目1年次2年次3年次4年次要卒単位数専門教育科目専門基本科目日本の経済②コンピュータと情報A②基礎演習A②■ 専門教育科目構成 [平成28年度参考]                                                 ○数字:単位数基礎演習B②コンピュータと情報B②情報システムの基礎②会社入門②世界の経済②社会経済学入門②経済理論入門②経済史の基礎②経済統計の見方②統計学②財政の基礎②金融の基礎②現代日本経済②国際経済②日本の経済思想②経済原論②マクロ経済学②ミクロ経済学②経済学史②日本経済と政策②日本の金融システム②地域と行財政②公共部門と財政②国際通貨と国際金融②地域経済統合②国際経営②リスクと保険②医療の経済②雇用と社会政策②農業経済②少子高齢社会と社会保障②証券投資分析②環境と経済②企業活動と環境②ベンチャービジネス②消費情報教育②職業指導④日本経済特別演習②金融システム特別演習②国際経済特別演習②演習Ⅱ④スプリングセミナー(演習Ⅰ)②サマーセミナー(演習Ⅱ)②演習Ⅲ(4)④演習Ⅲ(2)②演習Ⅳ②スプリングセミナー(演習Ⅱ)②サマーセミナー(演習Ⅲ)②計量経済学②地域と経済②環境経済の基礎②消費者主権の経済学②経済英語②専門資格取得指導②演習Ⅰ②サマーセミナー(演習Ⅰ)②学部共通科目学科基礎科目専門応用科目近代経済学の歴史②社会経済思想②日本経済史②近代日本経済史②西洋経済史②近代西洋経済史②産業組織論②労働経済②日本の中小企業②開発経済②アメリカ経済②EU経済②アジア経済②社会保障の基礎②経済学特論②経済学科 コース紹介/4年間の学びグローバル経済コース 経済の「グローバリゼーション」がもたらした、製品を最も安価で生産できる国に工場を建て、材料を最も安い国から調達する高効率の生産システム。その良い面と悪い面を解明し、日本経済を国際的な視野で見直します。経済の歴史と理論コース 経済学の三つの側面、「理論(社会の仕組みを解明)」「歴史(歴史科学としての経済学)」「思想(その時代ごとの人々の考え方を知る)」を学修・研究し、私たちが豊かに生きる方策=経済学の目的を考えます。日本の経済システムと政策コース 日本経済が「今どうなっているのか? どう歩んできたのか? 世界経済とどうつながっているのか?」を学びます。日本経済が直面する課題を多面的に分析し、それらの処方箋としての政策について考えます。経済学的観点から、より豊かな社会を追究する。 経済というと、お金の動きを連想するかもしれませんが、経済学が扱うのはそれだけではありません。例えば、コンビニで物を買うのもきっぷを買って電車に乗るのも経済活動です。もう少し広く捉えると、社会の成り立ちや仕組みを学び、より豊かになるにはどうすれば良いかを追究していく学問だと言えます。経済学では、理論と現実をバランス良く見ることが重要です。例えば、経済学の理論では「貿易を自由化することが望ましい」のですが、実際は、昨今のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)による貿易の自由化には賛否両論があります。このように、理論的には正しくても現実では支持されないことや実現が難しいことが多々あります。その要因や改善策を考えていくのが、この学問の魅力でもあります。細井 長 教授MESSAGE講義内容詳細「シラバス」と要卒単位数等カリキュラム詳細「履修要綱」を大学ホームページに掲載しております。大学ホームページにてご確認ください。http://www.kokugakuin.ac.jp074

元のページ 

page 76

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です