國學院大學 大学案内2017
67/142

学びの足跡/テーマ発見から結論を導くまで遠藤:まずは直近の目標であった法科大学院に合格することができ、ひと安心しています。合格に向けて学修を進める中、法律専門職専攻のカリキュラムや学修環境が、まさに法曹を目指すためのものであることを実感しました。佐藤:専門職専攻のメリットの一つは少人数制という点にあります。例えば教員と学生の問答によって進められるソクラテス・メソッドを導入した授業では、教員の質問により学生に緊張感が生まれ、授業の充実を図ることができます。また、アウトプットの訓練となり、そこで自分自身の知識のあいまいさを確認できるといった効果もあるでしょう。遠藤:先生方と学生の距離が近い点も印象的です。志願理由書についても丁寧にチェックしてくださり、先生方に感謝しています。また、法科大学院を目指す人間が自然に集まる環境もありがたく感じました。司法試験をたった一人で乗り越えようとすると行き詰まるので、切磋琢磨できる仲間の存在は大切です。佐藤:専門職専攻のカリキュラムは、1・2年次で主要な法律系科目を履修し、それ以降を法科大学院の入学試験や公務員試験対策にあてられるように整えられています。遠藤:私は2年次から予備校にも通い始めたのですが、特に2年次のスケジュールはタイトでした。平日は基本的に1時限から4時限まで大学で授業を受け、さらにそれ以外にも、法律問題に関する答案作成の練習を自主的に行いました。そういった忙しい中でも心がけたのは、大学の授業をおろそかにしないことです。授業を漫然と聞き流さず、さらに授業が復習になるほど予習に注力しました。佐藤:学生の多くは法律を大学で初めて学びます。どの部分が重要かが分からない段階では、復習中心の勉強が良いかもしれませんが、予習をして問題意識をもって授業に臨むことも有効な勉強方法の一つです。重要なことは、自分に合った方法を早く見つけることです。遠藤:また、日々の反復継続の大切さを痛感しています。論述をこなすためには長い論証を覚え、さらにその記憶を持続させる必要があります。モチベーションを持続させるためにも、一日たりとも空けずに学修するべきだと思っています。法科大学院は法学既修者で入学するので遅れを取らないよう、また成績上位者に開かれる任官支援コースに選出されるためにも、入学まで学修の手を緩めないつもりです。遠藤:私は将来、法曹の中でも裁判官への任官を目指しています。自分自身のリーガルマインドを存分に発揮した場合、最終的な判決にかかわる裁判官に最もやりがいと責任を感じています。佐藤:裁判官の重要な役割の一つは人権の擁護であると考えます。例えば、近時の韓国フェリー沈没事故に関して、運航会社オーナーの家族名義の財産を没収できるような法律を作るべきとの主張がありましたが、これは事後法の禁止と抵触します。この例が示すように、人権はデリケートで、多数意見により侵害される危険をはらんでいます。裁判官は裁判に際して多様な意見に耳を傾ける必要がありますが、大事なことは、憲法が保障する国民の基本的人権を守る役割を担っているということです。遠藤:先生からは「原則に立ち返る」重要性も学びました。佐藤:裁判に際してどのように判断すべきか迷う場面は多いでしょう。その場合には原則に立ち返って考え、説得力のある解決方法を提示することが重要ではないでしょうか。法律を学ぶ意義はそうしたスキルの獲得にあります。裁判官を目指す上で、原則を踏まえた判断ができるよう心掛けてください。法曹になるための環境を存分に生かし、将来への歩みを着実に進める。法曹になるための環境を存分に生かし、将来への歩みを着実に進める。専門科目の7科目がすべてA+など、1、2年次に成績優秀者として表彰。日々の努力が結果として現れ、成功体験がその後の学修生活に活きている。佐藤 秀勝 教授専門:民法遠藤 嵩大 4年生[取材時]静岡県立韮山高等学校進学先:早稲田大学大学院法務研究科(2年短縮課程)法科大学院合格に向けて充実した学習環境をフル活用。基本に立ち返って考える判断方法を学習。3年次からは刑事法研究会に参加し、ロースクールの過去問に取り組みつつ院友の先輩方との関係を深めた。法学部法律学科 法律専門職専攻065

元のページ 

page 67

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です