國學院大學 大学案内2017
65/142

法学部の教育研究上の目的 法学部は、幅広い教養と学識を身に付けるとともに、法学および政治学に関する専門的知識を修得することを通して、価値観が多様化する現代社会において主体的に行動し、かつ平和で民主的な国家および社会の形成に積極的に参画できる人材を育成することを目的とする。取得できる免許・資格専任教員教員免許各種資格中学校教諭一種免許●社会 ▲英語 ▲中国語高等学校教諭一種免許●公民 ▲英語 ▲中国語 ▲地理歴史・学芸員 ・社会教育主事 ・図書館司書 ・学校図書館司書教諭・神職(明階検定合格正階授与)※図書館司書課程については、選抜試験(例年11月頃実施)を行います。 (学校図書館司書教諭課程は面接選考)※学校図書館司書教諭課程は、教職課程も併せて受講する必要があります。※神職(正階)資格取得後、明階の授与を受けるには、卒業後実務経験が必要です。※▲の免許は●の免許を取得するための課程履修を条件として取得可能です。※それぞれの課程については、P.112~116を参照してください。■磯村早苗 教授 国際政治学/国際政治変動における地域秩序形成の研究■一木孝之 教授 民法/契約法の諸問題■植村勝慶 教授 憲法/現代イギリス憲法と市民的自由■門広乃里子 教授 民法/家族法■茢田真司 教授 西洋政治思想史、政治理論/19世紀後半以降の アメリカ政治思想の研究■坂本一登 教授 日本政治史/明治国家形成史の研究■捧  剛 教授 外国法、英米法/イギリスの司法制度の歴史的展開■佐藤秀勝 教授 民法/契約法(契約当事者の地位をめぐる諸問題の 研究)■鈴木達次 教授 商法/保険法■関 哲夫 教授 刑法/刑法解釈の方法論、法益論(特に住居侵入罪)、 共謀共同正犯■高塩 博 教授 日本法制史/近世刑事法の研究■高橋信行 教授 行政法/執政作用■田中和子 教授 社会学、女性社会学、ジェンダー論/女性社会学 方法論研究、メディアのジェンダー分析■中川孝博 教授 刑事訴訟法/刑事裁判における事実認定の適正化■永森誠一 教授 政治学、日本政治、比較政治/政治と表現■長谷川光一 教授 民法、比較法/契約・法律行為の解釈の比較法的 研究と比較法学の基礎的研究■平地秀哉 教授 憲法/アメリカ憲法と民主政論■宮内靖彦 教授 国際法、国際組織法/分権社会における国際法の 強制・機能の客観化・組織化の観点からの分析■本久洋一 教授 労働法/企業組織再編と労働関係、労使関係法の 再構成、労働法の歴史■森川 隆 教授 商法/企業取引法■横山謙一 教授 西洋政治史、フランス政治史/フランス革命以降の フランス政治■甘利航司 准教授 刑法/過失犯の共同正犯、社会内刑罰■稲垣 浩 准教授 行政学/地方自治論■大江 毅 准教授 民事訴訟法/共有物分割手続に関する史的研究■小原 薫 准教授 日本政治思想史/中江兆民の政治思想■川合敏樹 准教授 行政法/環境保護に関する行政法理論の研究■佐古田真紀子 准教授 民事訴訟法/私法上の権利の早期実現に関する研究■姫野学郎 准教授 民法/財産法■藤嶋 亮 准教授 比較政治/バルカン諸国の政治変動■宮下大志 准教授 ヨーロッパ政治史・政治学/ワイマール共和国以降 のドイツ政治を中心に研究■安田恵美 専任講師 刑事政策法学部法律学科 法律専門職専攻/法律専攻/政治専攻063

元のページ 

page 65

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です