國學院大學 大学案内2017
64/142

法律専門職専攻:将来を見据えた少数精鋭教育 裁判官や検察官・弁護士・公務員など、法律関係の専門職や、法律の知識を生かして一般企業に就職することを目標とした専攻です。徹底した少人数教育と、基礎から応用へと体系的・系統的に学ぶ“積み上げ型教育”が特長。具体的には、「導入科目」で法律学を学ぶための基本的な知識を養い、「基礎科目」で1・2年次のうちに主要な専門知識を修得します。3・4年次の「演習科目」や「展開科目」で法の世界を究めます。早い段階から将来を見据えた学修を行うことで、一人一人の自己実現を目指します。法律専攻:一般市民の視点から法律を学ぶ 科目選択の自由度が高く、法律を「生活の知恵」として学びたい人にも、法律や政治を学びながら将来を探りたい人にも適している専攻です。1年次登録必修の「キャリア・プランニング」、公務員・ビジネス・国際関係志望者のための法律教育など、キャリア支援も充実しています。公共政策と法コース:公共のための政策に関わる法律、特に社会の基本的なルールである憲法・行政法などの公法領域を中心に、さまざまな法律を多角的に学びます。ビジネスと法コース:民法や商法など、経済活動やビジネス活動と関わりの深い法分野を中心に学びます。就職後に役立つ、実践的な知識が身に付きます。国際関係と法コース:国内外の事情をにらみつつ、「国際社会で機能しているルール=法」と、「国際社会の実態=政治」を、国際関係という切り口から多角的に考察します。政治専攻:政治の諸問題への対応力を磨く 政治専攻では、政治に関する知識と教養を身に付けて、社会が抱える問題に対して積極的かつ創造的に貢献できる人材の育成を目標としています。少人数教育に重点を置き、演習・討論・現場をキーワードに、政治に対する深い理解と問題解決能力を育成します。理論と歴史コース:現代の日本や世界の政治をより深く正確に理解するためのコースです。歴史的な知識や論理的思考法とともに、積極的に討論に参加する能力を養い、民主政治を支える優れた市民を養成します。卒業後の進路としては、民間の企業や教員をはじめ、より専門的な知識を身に付けるための大学院進学も想定しています。分析と応用コース:政治に関係する仕事を目標にする人のためのコースです。政治的な諸問題を解決するために必要な創造性を、歴史的な知識や討論の力を身に付けて養う一方で、インターンシップやフィールドワークなどの実体験を通して、政治の現場で生きる柔軟で強靱な知性を獲得します。学科の特色法律学科法学部|Faculty of Law価値観が多様化し人間関係が複雑化した現代社会では、法を学ぶことの重要性がますます高まっています。法律学科では幅広い教養と学識を学ぶとともに、法学や政治学に関する高度な専門知識や技能を身に付けて、より良い社会の形成に積極的に関わり、自分の未来を自ら切り拓くことのできる人材の育成を目標にしています。●法律専門職専攻 ●法律専攻 ●政治専攻 入学定員:500人 メインキャンパス:渋谷幅広い教養と法学・政治学の専門的知識を備え、新しい国家や、より良い社会の形成に貢献します。062

元のページ 

page 64

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です