國學院大學 大学案内2017
63/142

法学部法律学科(法律専門職専攻/法律専攻/政治専攻)LawFaculty of 建学の精神を理解し、本学部の教育課程を通じて法的または政治的思考力を身につけることにより、価値観の多様化する現代社会において、寛容さと謙虚さを維持しつつ、対立する利益を調整し、もしくは問題を的確に解決する力をもって社会に貢献できると思われる学生、また、社会の構成員であることを自覚し、主体的にそこに参画する意欲と能力とをもつ学生を育成する。以上の目的を達成するために編成された教育課程を履修し、所定の単位を修得した学生に対して学士号を授与する。 ●取得できる学位:学士(法学)学位授与方針ディプロマ・ポリシー 法学部では、個々の学生自らが社会の構成員であることを自覚し、責任ある態度で社会に参画・貢献しようとする意欲の醸成とそのために必要な能力の開発をはかれるように、教育課程を編成している。  具体的には、入学時に学生が抱く将来の目標の方向性および具体性に応じて、三つの専攻(法律専門職専攻、政治専攻、法律専攻)を設置し、それぞれ、導入教育の内容、教授の方法、科目配置の面から、学生による目標の設定・具体化・実現を支援する。  以上の教育課程によって、社会的事象を洞察する力および、法と政治の世界において必要とされる論理的思考力を涵養し、社会において対立する利益の調整、また社会的問題の的確な解決を成し遂げることのできる人材を育成する。教育課程の編成・実施方針カリキュラム・ポリシー 法学部は、法律または政治などの社会事象に対する関心を有しており、かつ①知識の体系的蓄積・利用ができる能力、②情報収集・整理・分析力、③問題発見力、④論理的思考力の一つ以上の能力を備えた学生を受け入れる。推薦入試については、これに加えて、⑤本学部で勉学に励む熱意と十分なコミュニケーション能力を有する学生を受け入れる。  法律専門職専攻は、法律の専門的知識を生かすことができる職業を志望し、そのための基礎学力とチャレンジ精神を持った学生を受け入れる。  政治専攻は、将来政治に関する職業に就くことを志望する学生、また「よき市民」として政治に積極的に関わる意欲をもった学生を受け入れる。  法律専攻は、法律または政治を学んだ上で将来の目標を考えようとしている学生を広く受け入れる。入学者受け入れ方針アドミッション・ポリシー061

元のページ 

page 63

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です