國學院大學 大学案内2017
6/142

個性と共生の調和それは「人間」への認識を深めるということ。たとえば人間関係が希薄になったと言われる一方で、誰かとつながろうとするSNSの利用者は増加を続けています。誰も一人では生きていけないから、私たちは「自分」という個を生かすと同時に、「誰か」と共に生きていく難しさと向き合わなければなりません。慮い3004

元のページ 

page 6

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です