國學院大學 大学案内2017
56/142

■INFORMATION 今年で20回目を迎える「全国高校生創作コンテスト」は、短篇小説、現代詩、短歌、俳句の4部門において文章を書く喜び、ものを創り出す苦しさ、自分の考えを短い表現で言い表す難しさ、できた時の達成感などを、全国の高校生に味わってもらうことを目的として開催してきました。 昨年は応募高校数463校、短篇小説601点、現代詩613点、短歌4,768点、俳句12,148点、総数18,130点の応募がありました。内容も高レベルで、審査員一同、選考には大いに苦労しました。 これまで多くの小説家、詩人、歌人、俳人を輩出している本学が「全国高校生創作コンテスト」を開催しているのは、日本の言葉、文字、文化をいかにして残し、いかにして発展させるかが課せられた大きな使命の一つだからです。 高校生活の思い出の一場面としてだけでなく、日本文化の担い手の一人として、この機会にぜひ応募してみませんか。■応募内容[eメールでの応募も受け付けます]①短篇小説の部:1人3篇以内(1篇400字詰め原稿用紙換算10枚以内)②現代詩の部:1人3篇以内(1篇45行以内)③短歌の部:1人3首以内④俳句の部:1人3句以内■応募締切:平成28(2016)年9月5日(月)消印有効■応募資格:高校生であること■審査員(予定)中村航(作家)/傳馬義澄(國學院大學名誉教授)/井上孝雄(都立高等学校教諭)/西岡光秋(詩人)/田中章義(歌人)/佐川広治(俳人) 他■表彰最優秀賞 各部門1名(賞状・副賞5万円・記念品)優秀賞 各部門2名(賞状・副賞3万円・記念品)佳作 各部門5名(賞状・副賞1万円相当の図書カード・記念品)文部科学大臣賞 1校(賞状・副賞5万円相当の図書カード・記念品)■応募内容(予定)・ レポート枚数自由(ただしA4サイズの用紙を使用)・ 映像の場合は15分以内①地域文化研究部門(個人・団体) 祭り・伝統行事・郷土料理・方言などの調査研究②地域民話研究部門(個人・団体) 昔話・伝説など民話の調査研究③学校活動部門 学校や部、クラスなどの活動として地域研究活動の実践報告■応募締切:平成28(2016)年9月5日(月)消印有効■応募資格:高校生であること■審査員(予定)小川直之(國學院大學教授)新谷尚紀(國學院大學教授)/常光徹(国立歴史民俗博物館名誉教授)花部英雄(國學院大學教授)/佐藤美穗(國學院大學客員教授)高橋大助(國學院大學教授)/飯倉義之(國學院大學准教授)■表彰・ 地域文化研究部門/地域民話研究部門 最優秀賞 各部門 個人・団体それぞれ1作品(賞状・副賞5万円・記念品) 優秀賞 各部門 個人・団体それぞれ2作品(賞状・副賞3万円・記念品) 佳作 各部門 個人・団体それぞれ2作品(賞状・副賞1万円相当の図書カード・記念品)・ 学校活動部門 優秀学校賞 3校(賞状・副賞3万円相当の図書カード・記念品) 折口信夫賞 1作品(賞状・研究費5万円・記念品)求む!! 創作・研究意欲。二つの高校生対象コンテスト。高校生から文学作品を募集 第20回 全国高校生創作コンテスト主催:國學院大學 他 協賛:國學院大學北海道短期大学部/國學院大學若木育成会/國學院大學院友会 後援(予定):文部科学省/全国高等学校長協会/全国高等学校国語教育研究連合会 「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストは、高等学校の総合学習の時間などを利用した地域研究を発表する機会を持ってもらうと同時に、本学の持つ伝承文化に関する資産に触れ、さらに研究を進めてもらうことを目的としています。 昨年は地域文化研究部門、地域民話研究部門、学校活動部門の3部門で実施され、全国から640点の応募がありました。 なお、作品制作にあたっては「参考文献・参考資料」に関する質問を本学図書館で受け付けています。地域研究を発表する場 第12回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト主催:國學院大學 他 協賛:國學院大學北海道短期大学部/國學院大學若木育成会/國學院大學院友会 後援(予定):文部科学省/農林水産省/全国高等学校長協会/全国高等学校文化連盟「全国高校生創作コンテスト」に寄せて読書感想文にはもう飽きた。人の褌ふんどしで相撲をとることにはもう……。すると、君の眼の前には白紙が置かれる。その白紙は平らではない。それは底のない無限の深みだ。その果てしのなさに戦慄せよ。もたれかかるものなき零ぜろの無重力で、自らが何を演じられるのか。白紙を畏おそれよ。君の演技が既存の物真似なら、君の眼前にあったものは、それは白紙ではない。とうに某なにがしかが書かれてあった古新聞紙に過ぎない。まっさらな真の白紙の前に、君は立て。第12回の応募内容などの詳細はホームページでご確認ください。國學院大學文学部哲学科卒業。平成19(2007)年「アサッテの人」で第50回群像新人文学賞、第137回芥川賞をダブル受賞。諏訪哲史(作家)054

元のページ 

page 56

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です