國學院大學 大学案内2017
53/142

人材の養成に関する目的 その他の教育研究上の目的 哲学・倫理学および美学・芸術学についての多様な知識の修得を通して、理論的かつ実践的な思考能力を養い、社会に資する創造的人材を育成すること。取得できる免許・資格専任教員教員免許各種資格中学校教諭一種免許●社会 ▲英語 ▲中国語高等学校教諭一種免許●公民 ▲英語 ▲中国語 ▲地理歴史・学芸員 ・社会教育主事・図書館司書 ・学校図書館司書教諭・神職(明階検定合格正階授与)※図書館司書課程については、選抜試験(例年11月頃実施)を行います。 (学校図書館司書教諭課程は面接選考)※学校図書館司書教諭課程は、教職課程も併せて受講する必要があります。※神職(正階)資格取得後、明階の授与を受けるには、卒業後実務経験が必要です。※▲の免許は●の免許を取得するための課程履修を条件として取得可能です。※それぞれの課程については、P.112~116を参照してください。■金杉武司 教授 西洋現代哲学、英米哲学/心の哲学■木原志乃 教授 西洋古代哲学/古代ギリシャ医学思想史■小池寿子 教授 西洋美術史/キリスト教中世美術/死生観■西村清和 教授 美学芸術学/芸術哲学、フィクション論、イメージ論、 環境美学■藤野 寛 教授 西洋近現代哲学、倫理学/ドイツ現代思想■宮元啓一 教授 インド哲学、仏教学、 武士道研究/古代インドの反神秘主義的実在論的 哲学・知識論■小手川正二郎 准教授 西洋近現代哲学/現象学■哲学のテキストを原典で読もう 哲学科では学生による自主的な読書会を開いています。英語・ドイツ語・フランス語・ギリシャ語での哲学書講読会で教員によるサポート体制のもと毎週続けています。ここ数年では、ハイデガー『存在と時間』、メルロ=ポンティ『知覚の現象学』、ラッセル『西洋哲学史』、プラトン『ソクラテスの弁明』、『新約聖書』などを取り上げて読みました。また、学生のみで活発に哲学議論をする場(サークル、研究会)もいくつかあります。発表会のための合宿を企画することもあり、その成果を論集にまとめ、卒業論文作成や大学院進学につなげています。■卒業論文優秀者の表彰も行う 國學院大學哲学会 國學院大學哲学会は、哲学の研究と会員相互の親睦を図ることを目的として設立された学会です。主に哲学科の教員や卒業生・在学生、および本会の趣旨に賛同する者から構成されており、年1回の総会(講演会を含む)を開催し、会報を年に2回発行しています。卒業生と在学生の交流も活発で、哲学会主催「進路アドバイス会」などさまざまなイベントを企画しています。 さらに、年度末に卒業論文発表会を開催し、國學院大學哲学会賞と称して優れた卒業論文を執筆した学生を表彰しています。 表彰の対象者は、当該年度に哲学科に在籍し、卒業論文の指導教員を原則として本学哲学科専任教員とし、定められた期日までに卒業論文を提出した者で、卒業論文選考委員会を経て、優秀賞には賞状と賞金が贈られます。文学部哲学科051

元のページ 

page 53

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です