國學院大學 大学案内2017
44/142

学際的・総合的アプローチで身に付けるグローバルな視野 情報化・国際化の中で、人間の精神活動に深く関わる「文化のあり方」もまた孤立した存在ではあり得ません。グローバルに物事を捉えなければならない時代を迎えるにあたり、従来の地域別・言語別・民族別の枠組みを超えた学際的・総合的な「文化の構造と現象」に対する研究が求められています。外国語文化学科では、国際環境における日本文化と外国文化の差異と共通性を深く理解することで、国際化のニーズに対応したグローバルな視野を身に付けることを目標としています。日本文化と外国文化双方に通じて実現する異文化コミュニケーション能力 国際社会のさまざまな局面で文化摩擦が大きな問題となっています。外国語文化学科は、これまで培ってきた日本文化研究の成果と、言語と文化を一体のものとして捉えるカリキュラムで身に付く高度な外国語能力を生かし、問題を日本文化と外国文化の双方の視点から多面的・多角的に分析する能力を養います。それは文化摩擦を解消し、国際社会の中で主体的に異文化コミュニケーションを果たすための力となるでしょう。二つのコースで理解を深める言語と文化 2年次に二つのコースのいずれかを選択して専門を深めます。外国語コミュニケーションコース 世界中のさまざまな言語・文化的背景を持つ人々と、自由にコミュニケーションができる能力を身に付けるのが目標です。カリキュラムには主として①地球語としての英語を中心に学ぶ「英語中心型」、②ヨーロッパとEUに関心のある人がドイツ語かフランス語の一方を選択する「独・仏語中心型」、③アジアに関心がある人が現代中国語を中心に学ぶ「現代中国語中心型」の三つのタイプがあります。いずれも実際に現場で使える外国語の修得を重視しています。外国文化コース 言語と文化を一体として捉える視点から、外国語とその国の文化を研究し、その普遍性と個別性を踏まえて偏見のないグローバルな視野と判断力を身に付けるのが目標です。地域・都市・映像・絵画・メディア・比較・歴史・文化交流・文学など、諸外国の文化を広く・深く研究することで、さまざまな文化を知ると同時に、自分自身や日本のより深い理解を目指します。こうして身に付けた「外国語能力に裏打ちされた文化知識・能力」を駆使して、国際社会において主体的に活躍できる人材の育成を行っています。学科の特色外国語文化学科文学部|Faculty of Letters外国語文化学科は「言語の学修なき文化の理解や、文化の理解を伴わない言語の学修はあり得ない」という観点から言語と文化を一体のものとして捉えます。そして、日本文化と外国文化の差異や共通性をグローバルな視点から理解することで自ら問題を見出し、異文化と積極的に交流しながら、その橋渡し役となり得る人材の育成を目標としています。入学定員:120人 メインキャンパス:渋谷外国の言語と文化を総合的に学修し異文化と主体的に交流する力を育てます。042

元のページ 

page 44

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です