國學院大學 大学案内2017
40/142

中国文化の理解を深める三つの能力 中国文学科では、三つの具体的な能力を養成します。古典読解力の養成:國學院大學の伝統を引き継ぐ古典教育を通して、中国の文学・思想・文化など多様な古典文献を読解する能力を身に付けます。中国語運用能力の養成:1・2年次の集中的な中国語教育と、セメスター留学や短期留学・協定留学など「現地で学ぶ機会」を設けて、現代中国語の運用能力を磨きます。漢字情報処理能力の養成:中国学に関する漢字情報の多様な処理やデータベースの使い方をはじめ、研究ツールとしてのコンピュータ技術を学びます。中国語や中国文化に触れる多彩な留学形態 中国文学科では中国語圏への留学を推奨しています。留学は、2年次に約4カ月の日程で行う「セメスター留学」や、夏季や春季休暇中に約1カ月の日程で行う「短期留学」、学内選考に合格した者が1年または半年間学べる「協定留学」など、目的に応じて多彩な形で実施されています。興味と志望に応じて選べる四つのプログラム 中国文学科では1年次に基礎となる講義を受けた後、2年次に進級する段階で、自分の関心に従って下記からプログラムを選択します。文学研究プログラム:教職や大学院進学を目指す学生を想定しており、基礎から専門教育へ段階的に移行しながら、中国文学を中心とした中国学の研究法を身に付けます。古典研究を中核としつつ、近現代文学まで範囲を広げます。中国語教養プログラム:商社や貿易など直接現地と関わる仕事を目指す学生を想定しており、読み書きや運用能力といった中国語リテラシーの獲得を主眼としています。本プログラムの選択者はセメスター留学(次ページ参照)が必修となります。中国民俗文化プログラム:中国の豊かな文化を育んできた人々の生活に関心を抱く学生を想定しており、中国の多彩な民俗文化を学ぶと同時に、東アジア世界に広がる基層文化の理解を目指しています。人文総合プログラム:中国文化のさまざまな側面に関心を抱く学生を想定しており、中国人の思想・宗教・芸術に関する知識を広げて幅広い中国理解を目指すと同時に、そうした知識を生かす仕事に就くことを目標にしています。学科の特色中国文学科文学部|Faculty of Letters中国文学科は、建学以来130余年の伝統を誇る中国古典に関する研究や教育を発展させるとともに、日本はもちろん世界各国に多大な影響を与える近代・現代の中国文化をもテーマにしながら、世界に通じる広い視野と豊かな人間性を備えた人材の育成を目指しています。入学定員:60人 メインキャンパス:渋谷中国古典の研究と教育を通して現代社会に通用する国際感覚を身に付けます。038

元のページ 

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です