國學院大學 大学案内2017
33/142

主体性、批判的思考力、対話能力など、社会生活で必須となるスキルを磨きます。教養総合演習科目 学生が主体的な学びを通じて課題発見力、問題解決力、プレゼンテーションやコミュニケーションのスキルを身に付けることを目的に開設されたアクティブラーニング型の授業群。それが「教養総合演習科目」です。少人数の授業で新しい仲間を作りながら、大学での学びや、社会で活躍するための基礎的な能力を鍛え上げることができます。■平成28年度の主な開講科目知の足腰の養成政治で遊ぼう批判的に読むこと中・東欧の歴史と社会学生主体型授業の冒険戦後日本の政治と行政日本人学生と留学生が、ともに英語で「日本」を学びます。Japan Studies 「Japan Studies」は、日本文化についてのさまざまな側面を、交換留学生とともに英語で学ぶ授業です。留学生との英語の議論は異文化体験そのものです。「グローバル・チャレンジ・プログラム」取得に必須です。日本について英語で学ぶ学生主体のアクティブな授業。「Japan Studies」の授業では、日本について英語で学んでいます。日本の文化や歴史、社会問題などについて幅広く扱い、グループでディスカッションする機会が多くあるのが特長です。また、学期の最後には、グループでテーマを決めて発表を行います。私たちは、日本の食文化の東西の違いを比較する予定です。受講者には留学生も多く、「外から見た日本」という視点はとても新鮮です。また、留学生の積極的な姿勢にも刺激を受けています。授業を通して、自分で考えること、そして人に伝えることの大切さを強く感じています。阿部 夏由美文学部外国語文化学科千葉県立幕張総合高等学校卒業この日のテーマは「年中行事」。昭和初期、和服姿でクリスマスパーティーに興じる人々。プレゼンテーションスキルの向上をひしひしと感じます。 私が受講している「教養総合演習(学生主体型授業の冒険)」は、先生がファシリテーターとして見守る中、学生が授業を作り上げていきます。グループごとに分かれ、1人約10分の発表と5分の質疑応答を繰り返すのですが、自分の興味・関心のあるテーマについて調べ、それを自分の言葉で発表するといった作業はこれまでに経験がなく、とても刺激的です。事前に説明用の資料やスライドを作成し、聞く側を退屈させないように工夫を凝らすなど、プレゼンテーションのノウハウの基礎が学べると実感しています。田中 彩文学部哲学科私立東邦大学付属東邦高等学校卒業「Japan Studies」 日本の文化と社会「教養総合演習(学生主体型授業の冒険)」平成29年度以降のカリキュラムは検討中です。»031

元のページ 

page 33

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です