國學院大學 大学案内2017
22/142

●学術資料センター[考古学資料館部門]収蔵●図書館収蔵古事記(梵舜本)室町時代末期『古事記』は、天武天皇の勅命で稗田阿礼が誦習し、太安万侶が記録し、和銅5(712)年に献進された奈良時代の歴史書。本書はその『古事記』の室町時代末期の書写本。書写者の梵舜は卜部(吉田)兼右の子として天文22(1553)年に生まれ、吉田家唯一神道の提唱者、卜部(吉田)兼倶創建の神龍院の僧侶として卜部(吉田)神道を支えた人物。萬葉集(八雲軒本)江戸時代前期『萬葉集』は最古の歌集。本書は江戸時代前期に写された写本。巻頭に「八雲軒」の蔵書印があり、脇坂安元の号による。安元は信濃国飯田城主となる外様大名。本書には脇坂蔵書を示す「八雲軒」「安元」「藤亨」の三種の蔵書印が見られる。朱筆で本文の校訂が行われており、書入れの傍書も多数見られる。また、脱落している左注なども朱筆で加筆されている。竹取物語絵巻(小型絵)江戸時代初期『竹取物語』は5人の貴公子及び天皇がかぐや姫に求婚をする物語。本絵巻は『竹取物語』を題材として絵巻としたもの。本学にはこの絵巻以外に2種の『竹取物語絵巻』が所蔵されている。源氏物語(久我家本)江戸時代初期清華家の一つである久我家の姫君の嫁入り道具として作製された「源氏物語」と思われる。物語54帖と付属する6巻の巻子本が豪華な漆塗の箱に収められ、物語の各冊の巻頭に一枚ずつ絵が描かれている。平家物語(屋代本)室町時代『平家物語』のうち、「語り本系」(盲人の職能集団であった当道座の琵琶法師の語りのもとになった諸本)と呼ばれる諸本の一つ。江戸時代後期の国学者屋代弘賢の旧蔵に係るので、「屋代本」と呼ばれている。住吉物語絵巻江戸時代初期『住吉物語』は平安時代に作られた 「継子譚」を主題とした物語。現在では散逸したものと、鎌倉時代以降に改作された本が存在する。本絵巻は『住吉物語』を題材とした絵巻で、祝儀物を表す「松」が随所に描かれている。太田道灌状室町時代末期太田道灌が長尾景春の乱を収束させたのち高瀬式部丞に送ったとされる書状の写し。写しではあるが、太田道灌の書状として著名なもの。駿府御城分間之図江戸時代駿府城の中心である本丸を中心に描き、天主や城代屋敷、組屋敷などを描いている。その描き方は他の駿府城図とほぼ同様。後醍醐天皇綸旨南北朝時代「綸旨」は古文書の形式の一つで、勅旨を受けて蔵人から出す文書。「綸旨」は通常、薄墨色の紙に書かれている。織田信長禁制永禄11(1568)年「禁制」は鎌倉期以降、幕府や大名・国人などが、寺社・諸人に対しその保護と統制を目的として、掟や禁止事項などを通知するために出した文書。本書は織田信長の出した禁令。「弾正忠」を名乗るようになった直後のもの。徳川家康禁制慶長5(1600)年徳川家康の与えた禁制。信長の禁制とともに「吉田家文書」中に残されていたことから、「吉田郷」宛と思われる。同様の禁制が、同じ日付で、山城伏見惣町、同淀郷、同大山城惣中、同松尾社などに与えられている。火焔土器縄文時代中期新潟県長岡市岩野原遺跡出土名称は、鶏頭冠と呼ばれる燃え上がる炎を象ったかのような豪快な四つの把手に由来するもので、新潟県を中心に分布する。神林 修 氏所蔵挙手人面土器古墳時代前期 長野県長野市片山出土人面と、挙手した両手を表現した土器である。高坏や器台などとともに出土しており、日用品を伴わないことから、古墳時代の祭りに用いられたものと考えられる。微隆起線文土器縄文時代草創期 長野県須坂市 石小屋洞窟出土丸底をしたシンプルな形が特徴。細い粘土紐を貼り付けて口縁部を装飾している。日本列島における最古の土器の一つである。國學院第一回卒業式祝辞明治時代明治26(1893)年に國學院の第一回の卒業式で読み上げられた井上毅(文部大臣)の祝辞。井上毅は法制官僚として、伊藤博文、伊東巳代治、金子堅太郎とともに「帝国憲法」や「皇室典範」を起草した。東京裁判関係資料昭和20年代太平洋戦争敗戦後に行われた東京裁判では、被告人たちに多くの弁護人による弁護団が組織された。被告の一人である島田繁太郎元海相の弁護人であった故瀧川政次郎本学教授が後世の研究者のために自身で収集した関係史料。谷崎源氏草稿昭和20年代太平洋戦争期に書かれた谷崎潤一郎の『源氏物語』を戦後、新訳として新たに出版するため、タイプ打ちした旧訳原稿に谷崎らが手を入れた新訳の草稿。豊臣秀吉朱印状天正19(1591)年豊臣秀吉が、洛中の町々に対して地子(地代)を永代免除する法令を発したことにより、その代替として吉祥院内に領知を安堵した朱印状。國學院大學を、かたちづくる「もの」袈裟襷文銅鐸弥生時代後期 伝滋賀県野洲町大岩山出土銅鐸は朝鮮半島の小銅鐸を祖型とするが、日本列島において独自の発達を遂げた。本例は懸垂する把手が装飾化されたものであり、吊るして鳴らす機能を失った祭器と考えられる。020

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です