國學院大學 大学案内2017
127/142

■学費等納付金(平成28年度参考。なお金額については変更となる場合があります。)入学金授業料施設設備費維持運営費小計若木育成会費若木学友会入会金若木学友会費院友会(同窓会)入会金國學院雑誌代(文・神道文化学部)國學院法学代(法学部)経済学会費(経済学部)人間開発学会費(人間開発学部)260,000700,000201,00010,0001,171,00029,0001,0005,30010,0002,0003,0002,0003,00047,30048,300小計文学部・神道文化学部・経済学部法学部・人間開発学部学 費全納(年額)分納入学手続時9月諸 費※教員免許など各種資格の取得を希望する場合は、上記以外に別途費用が必要となります。※上表のうち、國學院雑誌代(文・神道文化学部)については消費税分を含んだ金額となっています。※文学部中国文学科入学者は、中国学会費2,000円が諸費に加算されます。※分納した場合は、夏休み中(8月中旬)に後期分の振込用紙を保証人(ご父母)宛に送付します。※入学後の学費などの納付については、毎年4月に振込用紙を保証人(ご父母)宛に送付します。在学中、経済的理由で指定期限までに学費が納入できない場合、一定期間遅らせる制度があります。詳細は学生生活課[TEL.03-5466-0146]までお問い合わせください。(単位:円)全納:1,218,300円入学手続時:767,800円9月:450,500円または分納文学部・神道文化学部・経済学部全納:1,219,300円入学手続時:768,800円9月:450,500円または分納法学部・人間開発学部260,000350,000100,50010,000720,50029,0001,0005,30010,0002,0003,0002,0003,00047,30048,300350,000100,500450,500奨学金制度/学費■学外奨学金■提携教育ローンの紹介名 称名 称種類奨学金額概要対象問い合わせ先問い合わせ先日本学生支援機構奨学金(第1種奨学金)みずほ銀行三菱東京UFJ銀行オリコ学費サポートプランセディナ学費ローン国の教育ローン「日本政策金融公庫」自宅通学30,000円・54,000円から選択自宅外通学30,000円・54,000円・64,000円から選択「銀行提携教育ローン」一般の銀行教育ローンより低金利で融資を受けることができます10万円以上500万円以下、1回のご利用金額は、学費納付書(振込用紙)、募集要項などに記載された金額になります原則、5万円以上500万円以下1回のご利用金額は、学費納付書(振込用紙)、募集要項などに記載された金額になります限度額350万円、固定金利。学校納付金(入学金、授業料など)、受験にかかった費用、入在学のための住居費用、教材費、通学費などにご利用いただけます。各金融機関窓口にご相談くださいオリエントコーポレーション学費サポートデスク0120-517-325 カスタマーセンター0120-686-909教育ローンコールセンター0570-008656貸与(無利子)全学年(原則修業年限4年間貸与可能)入学後ガイダンスを実施予約採用(高校在学中申込み)の者は、入学後手続きが必要です学生生活課03-5466-0146国が行っている日本学生支援機構奨学金をはじめ、地方公共団体・民間団体・神社関係奨学金などがあります。國學院大學の学内奨学金は、すべて入学後に給付される制度です。入学時および在学中の学費などの負担を軽減していただくために、金融機関と教育ローンの提携をしていますので、入学手続きなどの資金にご利用ください。民間銀行より、低金利で借り入れのできる日本政策金融公庫の「国の教育ローン」もあります。詳細は、日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から選択給付額・出願条件は団体により異なる 【平成27年度募集実績】都道府県:5件、市区町村:2件、民間団体:13件、神社関係4件※大学HP「学外奨学金」をご覧ください日本学生支援機構奨学金(第2種奨学金)地方公共団体奨学金民間団体奨学金神社関係奨学金貸与(有利子)給費/貸与125保護者の皆様へ

元のページ 

page 127

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です