國學院大學 大学案内2017
122/142

保護者の皆様へ[國學院大學若木育成会]■大学と共に、子どもの学びと成長を支えていく 「若木育成会」は、大学と保護者との連絡を密にし、学生の勉学と福祉、大学教育の振興充実、併せて会員相互の親睦を図ることを目的とする在学生保護者の組織です。 本会の名称は大学が所在する旧地名(渋谷区若木町)並びに「学生(若木)を育てる」ことにちなみ、付けられました。 本会は、昭和23(1948)年3月に「父兄会」として発足し、平成9(1997)年5月から現在の「國學院大學若木育成会」という名称になりました。学生の奨学金、課外活動、就職活動などへの支援、教育環境の整備などの支援に加え、全国56支部において開催される「支部の集い」、保護者を対象とする「キャンパス見学会」、研修旅行、講演会、支部会報の発行など支部独自の活動を展開しています。『支部の集い』就職に保護者はどう関わるべき?希望する就職先は?『キャンパス見学会』『若木チャレンジ賞』若木育成会会報「わかぎ」より保護者へ全国56支部での「支部の集い」、保護者対象の「キャンパス見学会」の開催 など学生へ奨学金、課外活動、就職活動、国際交流などへの支援、県人会への補助 など大学へ教育環境の整備、教育振興事業(文化講演会など)への助成ほか会員数10,388名《若木育成会の主な活動》平成27(2015)年5月1日現在 「支部の集い」は、毎年5月下旬から8月上旬にかけての土・日・祝日に全国の各支部で順次開催されます。各都道府県の「支部の集い」には大学の教職員が出席し、大学の現況、お子様の学修状況、就職活動のポイントなどを説明します。また、個別面談の時間もあり、そこでは、教職員が保護者の皆様のあらゆる疑問やお悩みなどにお答えします。その後に行われる懇親会など、「支部の集い」は保護者同士の貴重な情報交換の場となっています。 保護者の皆様にとって、わが子が大学でどのような生活を送っているかは、一番の関心事だと思います。 キャンパス見学会では、各キャンパスの施設見学のほか、模擬授業や学生食堂での昼食など、保護者自身が実際の大学生活を体験することができます。毎年、多くの保護者の方々が参加され、「先生方といろいろなお話ができて良かった」「わが子の大学での学びの様子が分かり安心した」などと大変好評をいただいています。 在学生のチャレンジ精神を顕彰するために設けられたのが「若木チャレンジ賞」です。部会、同好会、サークル活動などでベストを尽し立派な成績や成果を上げ、もしくは地道な活動ながらも在学生に誇れる「國學院魂」を示した団体や個人、あるいはボランティア活動など社会に誇れる活動により、本学の名を高めた学生個人または団体を表彰するものです。表彰式は、本会本部総会懇親会時に行われます。 若木育成会会員に配付される会報「わかぎ」には各種活動・イベント報告のほか、親子のコミュニケーション・学生生活にまつわるユニークな記事が特集されています。 例えば「保護者の意識アンケート調査」。大学生の子どもを持つ保護者だからこそ共有できるテーマ、共有しておきたいテーマを取り上げています。17.7%積極的に関わるべき66.0%困っているなら関わる程度72.8%本人が望む就職先16.9%官庁・公務員2.7%有名企業・大企業1.5%中・小企業0.2%ベンチャー企業3.5%家業を継いで欲しい2.4%その他13.4%本人に一任すべき2.9%その他120

元のページ 

page 122

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です