國學院大學 大学案内2017
120/142

(学修支援/学生生活支援) 大学での学修とは、先生の講義を一方的に受けて習い覚えることだけでなく、自らが強い意志を持って自立的・主体的に学び、その上で「修める」、つまり学び覚えたことを身に付けるというものです。そしてそれを、自分自身が今後、社会で生きていくための力にしていきます。 大学では与えられた課題や授業内容に沿ったテーマについて、自分自身でさまざまな資料や事例などを調べて、それを文章にまとめて提出したり、発表して議論したりすることが求められます。 しかし、このような大学での学修に戸惑う学生も少なくありません。國學院大學には、学修支援に必要な事例やデータの収集・分析などを行い、より良い学修環境を整えるための学修支援センターがあります。ここに「相談室」を設置して、学生からの学修に関するさまざまな相談を受け付けています。相談室では教職員がアドバイスを行うだけでなく、必要に応じて大学内のさまざまな部署と連携して、問題解決のための“後押し”をしています。大学内の窓口の一つとして、必要に応じて利用することができます。学修面での疑問や悩みの相談に応じます。●時間割の組み方を知りたい●進級・履修に関して確認したい●自習・学習の仕方がよく分からない●より進んだ専門性の高い知識を身に付けたい●今の勉強方法で大丈夫かな……?例えば、こんな疑問や悩みを秘密厳守で受け付けています。開室時間:月~金曜日 10:00~18:00(12:50~13:50 は除く)     祝日および大学休業日は除きます。     夏季・冬季・春季休暇期間は、変更する場合があります。場  所:渋谷キャンパス3号館3階 正課中・学校行事中・学内外の課外活動中・キャンパス内にいる間・通学および大学施設など相互間の移動中(ともに大学が禁じた方法を除く※)の災害・傷害に対応するために、本学では全学生を対象に「学生教育研究災害傷害保険」(通学特約付帯)に加入しています。※本学は通学中・課外活動中の自動車・バイク・自転車の使用を禁止しています。学生教育研究災害傷害保険[全員加入/保険料全額大学負担] 学生が教育活動の一環で、正課・学校行事または課外活動として国内でのインターンシップ・介護体験活動・教育実習・ボランティア活動を行う際に、他人にけがをさせたり、他人の財物を破損したことにより被る法律上の損害賠償を補償するものです。■インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険[任意加入] スポーツ活動・文化活動・ボランティア活動・地域活動・指導活動を行う5人以上のアマチュアの団体やグループを対象とし、団体活動中および往復中の事故などによる傷害(死亡・後遺症・入院・通院)のほか、他人にけがをさせたり、他人の物を壊したりしたことによる法律上の損害賠償責任保険など、さまざまな補償が得られる保険です。上記活動の対象者は加入することをお勧めします。■スポーツ安全保険[任意加入] 安心して学生生活を過ごすために、さまざまな危険に対する備えを組み合わせた保険です。学生自身のけが・疾病の治療費用実費、賠償事故の補償、扶養者の方がけががもとで死亡した場合の学費を補償するものです。■学生教育研究災害付帯学生生活総合保険[任意加入]教職員が一体となって、学生の学びをサポートしています。また、なんとなく体調がすぐれない、不安・心配事がある、万が一けがをした時のサポートも万全です。■学修支援センター■保険制度保護者の皆様へ[各種支援]118

元のページ 

page 120

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です